« 番外編 : あっついよぉ~(ヒマワリ) | トップページ | 追加編 : シクンシ »

8月29日(日) カジノキ(雌株)

100829kajinoki1かくかくしかじかというわけで、今年はとても気になる存在のカジノキです。雄株はもう葉が枯れるしか芸がないでしょうが、雌株は大変化発見です。
じつは、いつまでも緑のまま固くて、無愛想な実だと思っていたのです。なんとも突拍子な熟し方です。まさかひと晩で緑から真っ赤に変わるとは思えないのですが、大きな木のどこにも中間状態の実がないのだから不思議です。
100829kajinoki2期待の試食は、ちょっと大きな落胆でした。実を転がした手のひらがベッチョリするほどジューシーなのですが、そして甘酸っぱい味はイケルのですが、なんとも量が不満足なのです。小袋のなかは僅少のおつゆだけで、あとは種粒だけです。柱頭の残骸らしき毛も邪魔で、残念ながら、野歩きおやつには不採用としました。

<追記> この記事で、「中間状態の実がない」としたのは完全な観察不足でした。訂正記事はこちらです。(2014年8月24日)

2009年のきょうギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)> 2008年のきょうハネミギク> 2007年のきょうスズメウリ> 2006年のきょうシシトウ> 2005年のきょうソラヌム・ラントネッティー> 2004年のきょうガガイモ

|

« 番外編 : あっついよぉ~(ヒマワリ) | トップページ | 追加編 : シクンシ »

コメント

こんにちは。
おそらく、初見ではないでしょうか、カジノキの実。
ぱっと見たとき、楮の実を連想してしまいましたが、よくよく見れば違いますね。
でも、楮もあの実に変わる途中のを見たことがないので、似たような感じかしら??

こんなの見つけたら、私もおそらく口にします。
確かに写真の実を見ても、食べごたえはなさそうですけど、甘酸っぱいのですか。
我が家の野生の果実大好き4歳児は喜びそう。
是非、試食してみたいですね。

投稿: きおねこ | 2010/08/29 15:42

きおねこさんへ:
おお、たくましいお子さんがいらっしゃるんですね。
見かけがものすごく大きいので期待してかじりついてみるのですが、
ものすごく見かけ倒しでした。
ヒメコウゾだと、一列に並んだ実が順に色づいて、
変化見本みたいになるのですが、
カジノキはどうも途中の色合いを見つけられません。

投稿: はた衛門 | 2010/08/30 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : あっついよぉ~(ヒマワリ) | トップページ | 追加編 : シクンシ »