« 追加編 : ヒツジグサの真実(かな?) | トップページ | 8月24日(火) ウリクサ »

8月23日(月) シクンシ

100823sikunsi空から降ってくるような花です。4~5mの高さまでのびた(這い上がった)蔓の一部が垂れ下がり、その先にこのような花の房が開いていました。
シクンシは使君子で、この木の実から作る生薬名であり、そのまま木の名前にもなっています。使君子=天子(皇帝)の使いで、貴重な薬であったことを思わせます。
これは午後2時ころの撮影ですが、この花は咲き始めには白くて、だんだんに色濃くなるのだそうです。まさか朝からずーっと眺めているわけにもいかないので、次の面会は朝早くが狙い目です。おっと、良薬が採れる実の姿も、忘れずに撮りたいものです。

2009年のきょうチチタケ> 2008年のきょうテッポウユリ> 2007年のきょうヒャクニチソウ> 2006年のきょうタカサゴユリ> 2005年のきょうミズヒキ> 2004年のきょうハナトラノオ

|

« 追加編 : ヒツジグサの真実(かな?) | トップページ | 8月24日(火) ウリクサ »

コメント

これってめちゃめちゃいいですねぇ。
好みです。
見上げると派手な色なのに清楚な感じする花があるなんて、この辺ではみかけないです。
残念!

投稿: ryoi | 2010/08/23 09:19

「天子の使者」で、木の実はお薬になるのですか。
未だ、お会いしたことがありませんので、ここで仰ぎ見させていただきます。有り難う、ございます。


投稿: ぴょんぴょん | 2010/08/23 15:50

ryoiさんへ:
残念ながら、関東の露地ではちょっと無理な花です。
せっかく一目惚れしていただいたのに、申し訳ありません。

投稿: はた衛門 | 2010/08/24 07:56

ぴょんぴょんさんへ:
腹痛に効くのだそうですが、昔は原因不明の腹痛って
多かったのかも知れませんね。

投稿: はた衛門 | 2010/08/24 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加編 : ヒツジグサの真実(かな?) | トップページ | 8月24日(火) ウリクサ »