« 7月5日(月) バーベナ | トップページ | 7月7日(水) タケニグサ »

7月6日(火) イワガラミ

100706iwagaramiデジイチを持たずに出かけたことがくやしくてたまらない一枚です。山あいの農道をドライブしていたら、杉林の縁が1カ所だけ白く輝いているのを見つけました。
名前どおりの岩ではなくて、絡みつきの対象は杉の木でしたが、ゆうに7~8mは這い上っていました。いかにも深山幽谷にしか生息しないような名付けをされたものですが、耕作地の脇の林で見つけてしまったとはうれしい誤算です。
ひらひらする装飾花が一枚の萼であるところがイワガラミの特色で、装飾花というよりはむしろ装飾葉と呼びたい姿です。また、本来の花=両生花はシベだけです(花びらは開花と同時に脱落)。装飾花の枚数は最小限に抑え、無駄な花びらは捨てて、骨っぽく質実剛健路線をまっしぐら…男・イワガラミに惚れました。

2009年のきょうノカンゾウ> 2008年のきょうボッグセージ> 2007年のきょうギンロバイ> 2006年のきょうヤマモモ> 2005年のきょうリョウブ> 2004年のきょうモミジアオイ

|

« 7月5日(月) バーベナ | トップページ | 7月7日(水) タケニグサ »

コメント

はた衛門さん、こんにちは。
ほんとに葉のような形をしている装飾花ですね。
お花はユキノシタ科ということで、遠めでアジサイそのもの?ですが、
葉や茎は〝がらみ〟ってつくだけあって、サルナシとかのふんいきですよね。
葉を見たくて、調べてみたのですが、
装飾花、ほんとに葉脈みたいなのもみえるくらい葉っぽいですね。Σ( ̄ロ ̄lll)

投稿: ブリ | 2010/07/06 10:22

ブリさんへ:
ブーゲンビリヤの苞もそうですが、いかにも
「ついこの間まで葉っぱだったでしょ!?」と
言いたいものがありますよね。
そうそう、普賢象の雌シベなんて、葉が変化したはずなのにまた「葉化」しているんだから、
「最初から葉のままでいればいいのに…」と
つい余計なお節介を言いそうになります。

投稿: はた衛門 | 2010/07/07 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月5日(月) バーベナ | トップページ | 7月7日(水) タケニグサ »