« 7月25日(日) キバナノミソハギ | トップページ | 7月27日(火) アズキ »

7月26日(月) シカクヒマワリ

100726sikakuhimawari1もののついでで小石川土産を続けます。茎は丸い断面が一番合理的だと思うのに、なぜかきっちり四角四面なヒマワリです。
両眼で見ればわかりやすい奥行きも、単眼であるカメラでは表現に苦労します。前に四方竹のときも同じ弁解をしたことを思い出しました。
100726sikakuhimawari2背丈は2mほどで、花は直径が7~8cmです。ヒマワリとは名づけられていても、ふつうのヒマワリとは属違い(属名:Tetragonotheca)でした。ただ、種名はhelianthoidesなので、一応ヒマワリ(ヘリアンサス=太陽の花)っぽいよ、ということでしょう。

2009年のきょうルドベキア> 2008年のきょうクララ> 2007年のきょうルリタマアザミ> 2006年のきょうセリ> 2005年のきょうコンロンカ> 2004年のきょうカクレミノ

|

« 7月25日(日) キバナノミソハギ | トップページ | 7月27日(火) アズキ »

コメント

四角四面のヒマワリ君ですね。
師匠とは性格が違うようです。あまり四角四面すぎると応用がききませんから研究も偏りがち?その点師匠は奥が深い???

投稿: zenpeichan | 2010/07/26 22:31

zenpeichanさんへ:
あれれ、「これ欲しい!」という反応ではないですね(笑)。
あ、そうか。人格円満なzenpeichanさんですから、
こういうカクカクしたのにはご興味がわかないのですね。

投稿: はた衛門 | 2010/07/27 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月25日(日) キバナノミソハギ | トップページ | 7月27日(火) アズキ »