« 番外編 : ツマグロヒョウモン | トップページ | 追加編 : ヤマユリ »

7月20日(火) クヌギ

100720kunugi1春、雌花の撮影にさんざん苦労させられたクヌギが、そろそろドングリっぽい姿になってきていました。雌花がドングリまで育つのは百分の一の確率だと知ると、春の苦労もなんのその、かわいく思う気持ちが増してきます。
ところが、この写真(↑)のドングリくんは、春にワタシを悩ませてくれた世代ではなく、その1年前に生まれたお兄ちゃんなのです。
100720kunugi2こちら(↑)が今年生まれた赤ちゃんドングリで、まだまだ受精当時の姿と大差ありません。ここからじっくり1年かけて袴(殻斗)がそなわってくるわけで、このタイプ(二年成)のドングリはほかにもスダジイやマテバシイなどいくつかあるようです。
あまりメリットを感じることのできない長期熟成作戦ではあっても、損得を超えた哲学でもありそうで、頭が下がります。

2009年のきょうスジギボウシ> 2008年のきょうゴウソ> 2007年のきょうシダルセア> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウハッカ> 2004年のきょうサツマイモ

|

« 番外編 : ツマグロヒョウモン | トップページ | 追加編 : ヤマユリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : ツマグロヒョウモン | トップページ | 追加編 : ヤマユリ »