« 追加編 : シライトソウ、最後の輝き | トップページ | 追加&訂正編 : ハタザクラの実生苗 »

6月7日(月) ネジキ

100607nejiki1材がねじくれていて、薪に割るにも鉈(なた)を入れにくいというのが名前の由来だそうです。いわゆる雑木の一つでしょうが、そう言い捨てることのできない美しい花です。うまい具合に、去年の実が残った枝を撮ることができました。
100607nejiki2ツツジ科の仲間であるドウダンアセビによく似た逆さ壺型の花で、覗き込むとこんな具合です。左側の肌色物体はワタシの指なので、花の小ささがわかります。
100607nejiki3最後は10日ほど前の咲き始めの姿です。蕾の先が開きはじめた花がいくつか見えています。葉もこうして比べると、このときはいかにも若葉だったことがわかります。

2009年のきょうナガバオモダカ> 2008年のきょうマルバストラム> 2007年のきょうウツギ・マギシエン> 2006年のきょうタケニグサ> 2005年のきょうヒメシャラ> 2004年のきょうオオカナダモ

|

« 追加編 : シライトソウ、最後の輝き | トップページ | 追加&訂正編 : ハタザクラの実生苗 »

コメント

これもまた初めて見る木です。
ドウダンやアセビはいろいろな種類の写真がネットに出るのにこれは見ないですね。
今日検索して見たら結構写真がヒットしました。

投稿: ryoi | 2010/06/07 10:26

ryoiさんへ:
里山的なところにはポピュラーな樹種のはずですが、
遷移的に弱者なようで少なくなっていそうです。
また、花の時期が短くて、これが散ってしまうと、
葉にあまり特徴がないのも目立たない原因かもしれません。

投稿: はた衛門 | 2010/06/07 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加編 : シライトソウ、最後の輝き | トップページ | 追加&訂正編 : ハタザクラの実生苗 »