« 6月5日(土) フレンチラベンダー | トップページ | 追加編 : シライトソウ、最後の輝き »

6月6日(日) ウスベニアオイ

100606usubeniaoiおやまあ、花壇にゼニアオイを植えるなんて酔狂な…と最初は思いました。でも、近づくと「なんとなく」雰囲気が違うことがわかってきます。
全体の姿にまとまりがなく(横にものびる)、茎がやや細めで、そこには荒い毛が目立ちます。葉も、ゼニアオイが丸いのに対してやや深い切れ込みがあります。
100606zeniaoi試しに、ウチの近所の土手に跋扈するゼニアオイのご近影も入れておきましょう。花つきの多寡は時期や環境によるだろうし、花の形や色での見分けはあきらめることにしました。今までタチアオイに比べれば背が低いと思っていたゼニ君も、こうしてかなり近縁の新しい比較物に恵まれると、すっきり筋肉質のハンサムに見えてきました。

<学名比較>
ウスベニアオイ Malva sylvestris           ハーブ(コモンマロウ)として有名
ゼニアオイ    Malva sylvestris var. mauritiana  ウスベニアオイの変種扱い
タチアオイ    Althaea rosea

2009年のきょうナギ(雌株)> 2008年のきょうマルバダケブキ> 2007年のきょうサギゴケ> 2006年のきょうシモツケ> 2005年のきょうホタルブクロ> 2004年のきょうサンゴジュ

|

« 6月5日(土) フレンチラベンダー | トップページ | 追加編 : シライトソウ、最後の輝き »

コメント

おお、葉っぱが全く違いますね。
今度注意して見ます。
タチアオイは大好きな花で、一昨年あちこちから珍しい色のタチアオイの種を集めて庭の端に蒔きました。
去年は百花繚乱は大げさにしても、近所の娘さんが植物園みたいとお世辞を言ってくれるぐらいでした。
今年は、場所を少し変えて(1年草なんですかね)ほとんどがピンク、1株だけ真っ赤なものがあります。
あれぇ、あの種々の色はどうしたんでしょう?

投稿: ryoi | 2010/06/06 07:20

ryoiさんへ:
そうなんですよ。タチアオイのいろんな色をワッと寄せ植えすると、
たまらなくきれいですよね。
それをやっていたとは、さすがryoiさん!

自分でタネを落として毎年咲くと思うのですが、
種類がいろいろあるらしいので、強さにも差が
あったのでしょうかね?

投稿: はた衛門 | 2010/06/06 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月5日(土) フレンチラベンダー | トップページ | 追加編 : シライトソウ、最後の輝き »