« 5月6日(木) カンザン(関山) | トップページ | 5月8日(土) ハイノキ »

5月7日(金) マルメロ

100507marmelo果物としては市場性がかなりマイナーになり、これはある意味の「絶滅危惧種」かなと心配になります。秋には偏屈爺さんみたいな実をみせてくれるマルメロも、春の花はこんなに純情可憐に乙女チックな姿でした。
花と実の両方が似た感じのカリンに比べると、マルメロの花びらは薄手で色合いもほんのりしています。カリンの花は、今年は10日ほど前によく見たので、開花時期はマルメロが少しだけ遅めのようです。
それにしても、リンクした2005年のカリンは4月上旬にはもう咲いていました。今年は多くの花の咲き出しが、いつもより1週間ほど遅れ気味なことがわかります。

2009年のきょうアメリカイワナンテン(セイヨウイワナンテン)> 2008年のきょうヒルガオ> 2007年のきょうスイートピー> 2006年のきょうベニバナツメクサ> 2005年のきょうモモイロヒルザキツキミソウ> 2004年のきょうニセアカシア(ハリエンジュ)

|

« 5月6日(木) カンザン(関山) | トップページ | 5月8日(土) ハイノキ »

コメント

花と実のギャップが面白いですね。
まるで人生の機微を教えてくれているようです。
師匠はこうやって研究の中で人生を深く考えるんですねぇ・・・

投稿: zenpeichan | 2010/05/07 18:51

zenpeichanさんへ:
そんな深遠なことなど微塵も思わず、「あ~、また調べものが
増えてしまったぞぉ」と悩みながら、とりあえずシャッターを
押しまくっていたのでした(お粗末・笑)。

投稿: はた衛門 | 2010/05/08 06:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月6日(木) カンザン(関山) | トップページ | 5月8日(土) ハイノキ »