« 5月5日(水) タブノキ | トップページ | 5月7日(金) マルメロ »

5月6日(木) カンザン(関山)

100506kanzan1春らしい春もなく、いきなり訪れた夏の陽気に、桜がいささか戸惑い気味です。近くの児童公園にある木で、まだそれほど花びらも落とさず、十分に見頃でした。
シーズン遅くまで咲いてくれるこの特性が、「関山」の大きな特徴です。また、花びらの縁に牡丹のような切り欠きが目立ち、一枚一枚が軽く波打っているので、同じ八重の普賢象よりは微妙に賑やかに見えます。色も明らかに濃いめです。
100506kanzan2加えて、なにより「関山」の見分けに役立つのが、この枝振りです。横へのびた枝が内側に湾曲する癖があるので、樹形が大きな盃になります。桜と盃、なんと言うか、できすぎた組み合わせです。もっとも、きのうは酒よりビールが欲しい暑さでしたが…。

<備忘録1> 「普賢象」に似て、葉化した雌シベが1~2本ありますが、こちらのくねり具合がやや少なく見えました。
<備忘録2> 「関山」は「カンザン」と読むのがメジャーですが、学名にcv. Sekiyamaとあるのが悩ましく、「セキヤマ」と読むこともアリのようです。

2009年のきょうシュロ(ワジュロ・トウジュロ)> 2008年のきょうオサバグサ> 2007年のきょうピラカンサ> 2006年のきょうオーニソガラム> 2005年のきょうキリ> 2004年のきょうヤマボウシ

|

« 5月5日(水) タブノキ | トップページ | 5月7日(金) マルメロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月5日(水) タブノキ | トップページ | 5月7日(金) マルメロ »