« 5月14日(金) コンニャク | トップページ | 追加編 : 白モッコウバラの香りの出どころ »

5月15日(土) ヒメウツギ

100515himeutugi本来は西日本のものなのですが、志木のあたりでも、先日のハイノキほどには珍しい存在ではありません。ふつうのウツギが花弁をバラバラ散らして鬱陶しいのに比べ、花のつき具合が固くてしっかりしているので、庭木として好かれているようです。
枝ぶりも、奔放にワサワサするウツギに対して、こちらは背の低さに加えて姿全体もコンパクトで、いかにもお行儀の良い姫さまの風情です。
…などと、ふつうのウツギを対比させようと過去を調べたら、こちら(ブログ)には実の姿しかなく、花は「増補版」にかろうじて収録していました。その花の写真が、いやあ、我ながら冴えません。こういう基本種だけは撮り直しておきたい気もするし、それは放っておいて前へ進まなければとも思うし、悩みというのは尽きないものです。

<補注> ふつうのウツギの花は、2年後に収録しました。(2012年6月5日)

2009年のきょうカッコソウ> 2008年のきょうカマツカ> 2007年のきょうキツネアザミ> 2006年のきょうカラスビシャク> 2005年のきょうナツユキソウ> 2004年のきょうエゴノキ

|

« 5月14日(金) コンニャク | トップページ | 追加編 : 白モッコウバラの香りの出どころ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月14日(金) コンニャク | トップページ | 追加編 : 白モッコウバラの香りの出どころ »