« 5月11日(火) ハナイバナ | トップページ | 番外編 : 貧乏草 »

5月12日(水) オオカワヂシャ

100512ookawajisya
ウチの町内にある雨水貯留槽(15m四方ほど)の真んなかで、なにやら見慣れない紫の花が群れていました。フェンスの外からの遠目では種類が識別できず、望遠(300mm)で撮ってようやくオオカワヂシャであることがわかりました。
ところがその程度のズームでは、せいぜい紫の点が散らばる写真にしかなりません。仕方がないのでピット内清掃と称して金網を越え、1cmほどの小さな花のなかのクワガタソウ属らしい2本の雄シベまで、ようやく写すことができました。
おっと、苦労話よりこの草のことです。チシャはレタスのことですから、名前の意味は「川岸にあるチシャっぽい草の大型版」です。ところが大きくない「ふつう版」のカワヂシャは絶滅危惧状態で、まだ見ていません。(注)
オオカワヂシャの姿を見る限り、「どこがレタス?」と不思議でも、ふつう版を見るまでブーイングは控えておくことにします。

<補注1> まだ寸詰まりな若葉の状態を見ました。(2020年2月17日
<補注2> 在来のカワヂシャを収録しました。(2020年5月1日

2009年のきょうタラヨウ(雌花)> 2008年のきょうオトコヨウゾメ> 2007年のきょうアメリカフウロ> 2006年のきょうカラマツ> 2005年のきょうヤマボウシ> 2004年のきょうカナメモチ

|

« 5月11日(火) ハナイバナ | トップページ | 番外編 : 貧乏草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月11日(火) ハナイバナ | トップページ | 番外編 : 貧乏草 »