« 号外・ハタザクラ | トップページ | 4月10日(土) カタクリ »

4月9日(金) イヌコリヤナギ

100409inukori_fb最近は芸達者なワンちゃんがTVで活躍する時代なのに、相変わらず「役に立たない」という意味の「イヌ」がつくヤナギです。
では、それに続くコリヤナギのコリはなにかというと、これが行李で、今どきはそんなもの見たことがない人がほとんどでしょうから、名前のパーツの前方二つともがどうにも時代にそぐわない柳です。
100409inukori_mb川岸などに自然に生えているのはこの柳であることが多く、今の時期は雄花(=雄株・2枚目写真)の黄色い派手な花粉が目立ちます。
これに対して雌花(=雌株)はガシガシして黒く(1枚目写真)、自然界の母性の質実剛健な強さ・逞しさが現れています。

2009年のきょうベニバナトキワマンサク> 2008年のきょうムラサキウンラン(ヒメキンギョソウ、リナリア)> 2007年のきょうアジュガ・レプタンス(セイヨウジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ)> 2006年のきょうレンギョウ> 2005年のきょうドウダンツツジ

|

« 号外・ハタザクラ | トップページ | 4月10日(土) カタクリ »

コメント

そう言えば鶴見川の河岸に小さめの柳が生えています。
イヌコリヤナギという名前だったんですね。
雄株、雌株と分かれているんですね。
勉強になります。

投稿: ryoi | 2010/04/09 12:24

ryoiさんへ:
鶴見川がお近いんでしょうか。
こういう木が生えるような環境を大切にしたいですね。

投稿: はた衛門 | 2010/04/10 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 号外・ハタザクラ | トップページ | 4月10日(土) カタクリ »