« 4月29日(木) メグスリノキ(雄花) | トップページ | 5月1日(土) セイヨウシャクナゲ »

4月30日(金) フゲンゾウ(普賢象)

100430fugenzou1この遅咲き・豪華系の桜を、去年は一括してサトザクラとしか言えませんでした。見分けのポイントがよくわからなかったからです。
そこからの小さな一歩で、花のシベに注目することを今年は覚えました。志木名物ハタザクラは雄シベが花びら化した旗弁を持っていますが、この普賢象(ふげんぞう)は雌シベが葉化しています。それが象の鼻(牙)のように2本、ニョキッと目立ちます。
100430fugenzou2もともと園芸種の桜ですから、普賢象のなかにもまた種類はあるようで、こちら(↑)は花色がぐっと濃いめのタイプです。

2009年のきょうイヌスギナ> 2008年のきょうツリガネズイセン> 2007年のきょうゴウダソウ> 2006年のきょうウンゼンツツジ> 2005年のきょうナガミヒナゲシ> 2004年のきょうトチ

|

« 4月29日(木) メグスリノキ(雄花) | トップページ | 5月1日(土) セイヨウシャクナゲ »

コメント

あ、あの雄しべは鼻だったんですか。
ずっと牙だと思ってました。

投稿: waiwai | 2010/05/01 07:19

雄しべ→雌しべの間違いです。(^^;

投稿: waiwai | 2010/05/01 07:21

waiwaiさんへ:
おお、ナイスな突っ込みをありがとうございます(笑)。
この「鼻・牙」問題、書こうかと思いながら省略してしまったことでした。
どうもオリジナルは鼻らしいんですよ。
でも、こうして2本並べば牙に見えるのも道理で、
「牙説もあり」としておくのが無難かもしれませんね。

投稿: はた衛門 | 2010/05/01 07:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月29日(木) メグスリノキ(雄花) | トップページ | 5月1日(土) セイヨウシャクナゲ »