« 4月12日(月) エンレイソウ | トップページ | 4月14日(水) サルトリイバラ(サンキライ・雌花) »

4月13日(火) ニッコウネコノメソウ

100413nikkounekonomesou1あ、ネコノメソウだ!とは思ったものの、なんだか雰囲気が違います。ふつうのネコノメソウならば、茶色の種が見え出すと少しはカラフルになるものの、今見えるこの臙脂のパーツは種などではなく、どう見ても雄シベです。
100413nikkounekonomesou2沢沿いの湿地に育ち、全体の構造もネコノメソウによく似ているものの、この少し派手な花はニッコウネコノメソウでした。
別に日光に限らず、日本中にあるそうです。だったらなぜ日光?となりますが、こういう地名は最初に見つかった場所のことが多いようです。
100413nekonomesou隣り合った場所にはふつうのネコノメソウ(↑)も咲いていて、この二つが似たような環境を好むことを証明していました。

2009年のきょうオオリキュウバイ> 2008年のきょうタピアン> 2007年のきょうムラサキケマン> 2006年のきょうスズメノテッポウ> 2005年のきょうシロバナタンポポ

|

« 4月12日(月) エンレイソウ | トップページ | 4月14日(水) サルトリイバラ(サンキライ・雌花) »

コメント

ネコノメ???
しっかりとタネにならないとネコノメに似たようにはならないのでしょうか。

投稿: zenpeichan | 2010/04/13 20:09

zenpeichanさんへ:
そうなんです。まぶたのような形をした萼の中に茶色の種が
見えるようになるんです。
リンクでネコノメ状態を見てやってくださいね。

投稿: はた衛門 | 2010/04/14 06:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月12日(月) エンレイソウ | トップページ | 4月14日(水) サルトリイバラ(サンキライ・雌花) »