« 4月9日(金) イヌコリヤナギ | トップページ | 4月11日(日) ヒメウズ »

4月10日(土) カタクリ

100410katakuri_b初夏のころに、黄色くなりはじめたこの種を写したことがあったので、今度は種が膨らみかけたばかりで花もまだあるという「つなぎ」のシーンです。
ただ、用済みの葯や花糸を見るのは、つい自分(男)たちの姿を連想してつらいものがあります。いえいえ、これが自然の厳然たる事実なのですから、立派に後生にバトンをつなげたことを、カタクリとともに喜び合うべきなのでしょう。

2009年のきょうベニコブシ> 2008年のきょう原種チューリップ> 2007年のきょうジロボウエンゴサク> 2006年のきょうカラスノエンドウ> 2005年のきょうアオキ

|

« 4月9日(金) イヌコリヤナギ | トップページ | 4月11日(日) ヒメウズ »

コメント

カタクリの種を見るのは初めてです。
筑波山のカタクリが咲き始めたとの情報がありました。近いうちに花と種を見に行こうかと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/04/10 18:07

ぴょんぴょんさんへ:
ふーむ、筑波のお山が咲き始めですか。
今、宮城におりまして、こちらの片栗はまだ葉が出そろったぐらいです。
日本もなかなか広いですね。

投稿: はた衛門 | 2010/04/11 06:09

そろそろ用済みになってきたでしょうか。
でも、しぶとく食い下がっている自分が哀れっぽい(笑)今年はカタクリを見ていませんがまあ、こうやって師匠のブログでご対面できたことを喜ぶことにします。命をつなげて育てていくってほんとしんどい・・

投稿: zenpeichan | 2010/04/11 14:06

zenpeichanさんへ:
雌シベはまだガッチリしているのに、この雄シベの哀れな姿といったら、も~ぉ。
すべての男は消耗品であると言ったのは村上龍だったかなぁ。

投稿: はた衛門 | 2010/04/12 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月9日(金) イヌコリヤナギ | トップページ | 4月11日(日) ヒメウズ »