« 台北日和・後編 | トップページ | 3月22日(月) パンノキ »

3月21日(日) アツバチトセラン(サンセベリア、トラノオ)

100321sansevieria_b
「ところ変われば品変わる」とは言うけれど、品は同じでも状況が大違いでした。日本では鉢植えでポチョポチョとか、温室でチョコマカのこの葉が、台北では露地でこのとおりバオバオと大きな藪を作っていました。
さて、サンセベリアとか虎の尾とか呼んでいたこの葉の正式な名前を調べたら、アツバチトセランとまるでなじみのないものでした。右後方に見える縁の黄色いものはフクリンチトセラン(覆輪千歳蘭)と呼び分けるようです。

<補注> サンセベリアと言えばこのアツバチトセランだと思っていたら、昆布とか身欠き鰊とか、まるで北の海産物展みたいな仲間がいるのでした。(2020年3月22日)

2009年のきょうクサイチゴ> 2008年のきょうアネモネ> 2007年のきょうチンゲンサイ> 2006年のきょうアブラナ> 2005年のきょうツクシ

|

« 台北日和・後編 | トップページ | 3月22日(月) パンノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台北日和・後編 | トップページ | 3月22日(月) パンノキ »