« 3月1日(月) デコポン | トップページ | 番外編 : いっぱい・うれしい・ずっしり »

3月2日(火) バンクシア・エリシフォリア

100302banksia_ericifoliaあとふた月も早くこれを知っていれば、「ウチの松飾りです」などと嘘をつけたのに、少し残念です。もっとも、国内ではまだ珍しい植物ですから、もし門松にしようとしたら、えらくコスト高になってしまいそうです。
実際、全体は小柄な松の木ほどの姿で、葉はツンツンした線形(長さ1~2cm)です。もしこの聖火トーチみたいな花がなければ見過ごしていたかもしれません。
オーストラリア原産で、マツとはあまり関係のないヤマモガシ科に分類されています。向こうの冬も冷えるものなのか、関東の露地の寒さくらいは平気のようです。

2009年のきょうクロチク> 2008年のきょうケンポナシ> 2007年のきょうラナンキュラス> 2006年のきょうヤマノイモ> 2005年のきょうギンヨウアカシア

|

« 3月1日(月) デコポン | トップページ | 番外編 : いっぱい・うれしい・ずっしり »

コメント

赤っぽい?トーチのようなのが花?なんですねぇ。
世の中には不思議な木があるものです。師匠のブログでずいぶん不思議な木や草にお目にかかっています。これからどんな不思議?が出てくるのでしょうか。タネはつきないですね。

投稿: zenpeichan | 2010/03/02 09:12

zenpeichanさんへ:
この花があとで松ぼっくりみたいになるというから松の仲間でいいと思うのに、
世のなか、いろいろあるもんです。

投稿: はた衛門 | 2010/03/02 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月1日(月) デコポン | トップページ | 番外編 : いっぱい・うれしい・ずっしり »