« 3月14日(日) ハルニレ | トップページ | 3月16日(火) ミツマタ(タイリンミツマタ) »

3月15日(月) ヒマラヤゴヨウ

100315himarayagoyou_b松ボックリではなくて、これは松ウインナ? いや、サイズから言えば松サラミ? などとつい実に気をとられましたが、本当は葉が鑑賞ポイントです。
おととい、レバノン杉との対比でヒマラヤ杉の葉を褒めたばかりなので、ヒマラヤファンになったかと誤解されそうです。いえいえ、そんな依怙贔屓はなしにして、大王松とも見紛うほどにゆったりと長い葉(20cmほど)です。
しかも、大王松の葉は3本なのに比べて、こちらは「五葉」ですから、いかにもフサフサです。この松の葉を煎じて飲むと髪がフサフサ…、ということは、ないでしょうねえ。

2009年のきょうトサミズキ> 2008年のきょうクサノオウ> 2007年のきょうモミジイチゴ> 2006年のきょうカタクリ> 2005年のきょうヒイラギナンテン

|

« 3月14日(日) ハルニレ | トップページ | 3月16日(火) ミツマタ(タイリンミツマタ) »

コメント

つい、フサフサという言葉に惹かれてしまいますがまだ大丈夫!と言い聞かせています。うん、この歳にしてはかなりあるじゃん・・・ということで。
師匠にえこひいきされる樹木ってどんな木なんでしょうか。

投稿: zenpeichan | 2010/03/15 16:57

zenpeichanさんへ:
ううむ、ちょっと昔は、「死んだらタイサンボクを
墓標にしてほしい」なんて気障なことを言ってたんですよぉ(赤面)。
それがこのごろは肝臓を思いやってメグスリノキを依怙贔屓
しているんですから、笑ってしまいますよねー。

投稿: はた衛門 | 2010/03/15 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月14日(日) ハルニレ | トップページ | 3月16日(火) ミツマタ(タイリンミツマタ) »