« 2月5日(金) ウラジロモミ | トップページ | 2月7日(日) ロドデンドロン・クリスティアナエ »

2月6日(土) アイグロマツ

100206aiguromatu_b
きのうと同じ、弘前土産です。お城のなかで一番の名木で、幹が丹頂の首のように曲がった姿から「鶴の松」と呼ばれています。
もちろんこの名前は愛称であって、樹種としてはアイグロマツであることが説明板でわかりました。生憎の天候ではっきりしない写真ではあっても、左にのびた太枝の色が赤みを帯びているのがわかるはずです。アイグロマツとは黒松赤松の自然雑種で、濃緑・剛直な葉に黒松の性質が残り、樹皮は赤松に似るのだそうです。
黒松の質が強いものをアイグロ、赤松の質が近いものをアイアカ、まったくの中間をアイノコとするという説も見かけますし、アイ○○という三つの名は交雑種の別名に過ぎないという解釈もありそうです。この分でいくと、黒松と白松のハーフでグレーマツというのも飛び出してくるのではないかと恐ろしくなってしまいます。

2009年のきょうヒメシノ(コクマザサ)> 2008年のきょうシュロ(ワジュロ)> 2007年のきょうヤバイ> 2006年のきょうアリドオシ(実つき)> 2005年のきょうサンシュユ

|

« 2月5日(金) ウラジロモミ | トップページ | 2月7日(日) ロドデンドロン・クリスティアナエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月5日(金) ウラジロモミ | トップページ | 2月7日(日) ロドデンドロン・クリスティアナエ »