« 2月23日(火) プリムラ・シネンシス | トップページ | 2月25日(木) ヤタイヤシ »

2月24日(水) ウラジロモミ

100224urajiro_bモミとウラジロモミの区別に初めて気づいて、けっこうマイブームになっています。しつこいようですが、見たような写真がまた登場です。
弘前でウラジロモミを撮影したときは、まだ細部の違いがわからずにいたので、暗い天気も手伝って、両者の比較は望みにくい写真でした。そこで今回、近所であらためてウラジロモミを探し出し、グーンと迫ってみました。
先日のモミの細部と比べて葉先の二つ割れが小さく、枝に毛がなくて縦皺があり、葉裏の気孔帯は太めではっきりしています。ついでにもう一つ、モミの説明で触れていない違いは冬芽で、モミと比べるとヤニで覆われ、こちらは白く見えます。

2009年のきょうヒマラヤスギ> 2008年のきょうカンザクラ> 2007年のきょうオステオスペルマム> 2006年のきょうセツブンソウ> 2005年のきょうカワヅザクラ

|

« 2月23日(火) プリムラ・シネンシス | トップページ | 2月25日(木) ヤタイヤシ »

コメント

はた衛門さん、おはようございます。
モミとウラジロモミの区別点、わかったような気がします。
ウラジロというほうが、線がはっきりしているので裏が白い!
それと、冬芽も白く見える!
白に関連させて覚えるなんていうのは、
学生時代を思い出します。へへ
カヤの葉とは先がちがうんですよね。
カヤとイヌガヤとの違いも白い線の太さでしたよね。

ネコちゃん、美形ぞろいですね。
気品があって、ノラちゃんなんて思えません。

投稿: ブリ | 2010/02/24 08:42

ブリさんへ:
モミやウラジロモミはサンタさん御用達みたいな
イメージがありまして(ワタシはそう思っていたし、
先日、ウチのかみさんを確認したら、やはり同じでした)、
我が国固有の樹種ということがあまり意識されていない、
かわいそうな木々なんですよね。
万葉の歌にも出てくるし、小説のタイトルにもなっている
モミに、もっともっと親しんでみたいと思っています。

投稿: はた衛門 | 2010/02/25 06:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月23日(火) プリムラ・シネンシス | トップページ | 2月25日(木) ヤタイヤシ »