« 2月1日(月) カモジゴケ | トップページ | 2月3日(水) サボテン(金鯱) »

2月2日(火) リンボク

100202rinboku_b今ごろまだこんなに青い実では、いかに悪食のヒヨドリでも手は出さないようです。たしかに、花盛りそのものがふつうのサクラ属とは半年ズレていたので、その実の食べ頃が春になってしまいそうなのは道理というものです。
心配するのは、季節が良くなりほかの食べ物が豊富になったら、こんな実を啄む奇特な鳥が居てくれるかどうかです。熟す時期をほかの木とずらして自分だけ目立とうとしたら、木の実以外のおいしいものがあふれて…「下手な考え休むに似たり」という警句を思い出しましたが、リンボクのこの作戦、さてどんな結果になるのでしょう。

2009年のきょうタチシノブ> 2008年のきょうニホンスイセン> 2007年のきょうイトラン> 2006年のきょうムラサキシキブ> 2005年のきょうデイジー

|

« 2月1日(月) カモジゴケ | トップページ | 2月3日(水) サボテン(金鯱) »

コメント

リンボク、初めて見ました。関東以西の日本に分布する固有種だそうですね。こちらでは見つけるのはなかなか難しそうですね~
果実は黒紫色に熟すそうですね。
次の撮影を期待しています。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/02/02 14:19

ぴょんぴょんさんへ:
はい、ホントに珍しくて不思議な木です。
葉は樫に似て、花はウワミズザクラを思わせ、実はネズミモチみたい…
まるで植物界の鵺(ぬえ)みたいなヤツです。

投稿: はた衛門 | 2010/02/03 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月1日(月) カモジゴケ | トップページ | 2月3日(水) サボテン(金鯱) »