« 2月10日(水) カトレア | トップページ | 2月12日(金) レッド・ジンジャー »

2月11日(木) コチョウラン

100211phalaenopsis_bセントポーリア、カトレアと来たら、胡蝶蘭を出さずにはいられません。お祝いにつきものなのであちこちでよく見ますが、それらはほとんど白花だった気がします。名前からして確かに白が本流でしょうが、ピンクの蝶もなかなか見応えがあります。
一度花が終わっても、室温で育てるとまた次の花が咲くので、見かけによらず丈夫な性質です。それもそのはず、属名のphalaenopsisは「蛾」という意味だそうです。虫屋さんに言わせれば、蛾と蝶の境目は微妙なのでしょうが、蝶と思って眺めるのと、蛾と思って見るのとでは、ありがたみがずいぶん違う気がします。

2009年のきょうマリアアザミ> 2008年のきょうタチヤナギ> 2007年のきょうオキザリス・華恋(かれん)> 2006年のきょうシナマンサク> 2005年のきょうヤブツバキ

|

« 2月10日(水) カトレア | トップページ | 2月12日(金) レッド・ジンジャー »

コメント

おお、胡蝶蘭なんですね。はい、とっても気に入りまし
た。ありがとうございます。
我が家の胡蝶蘭は・・・毎度枯らしてしまうのですが
今年はどういうわけか・・・次の芽が立ち上がっていま
す。ワクワク・・・
e-Tax、ご心配おかけしましたが無事終了しました。
これにはとってもラッキーな事があったんです。
Dakashinのコメントで記入しておきました。
世の中どんな幸せが舞い降りるか分かりません。
この逆もあるので心して生活しなければ?

投稿: zenpeichan | 2010/02/11 09:33

寒いですね。
コチョウランは今年の冬はまだ一輪も咲きません。
去年は肥料をたっぷりやったのですが、これが裏目にでたのかも。
蕾のまま枯れるのが多くて、温度が低すぎるかと思っていたら、水不足もあるというので、水苔を変えてみました。そしたら新たな蕾はみんな元気です。
1本の茎に5つ花が咲くカトレヤはすごいですね。
ふつうは2個だと思うのですが・・・
はた右衛門さんがランを取り上げるのは珍しいですね。

投稿: ryoi | 2010/02/12 06:09

zenpeichanさんへ:
へえー、胡蝶蘭、持ってらっしゃるんですね。
ひょっとして、もっと変わった色とか(笑)。

あれま、e-Tax、すんなりとクリアなさったんですね。
しかもたくさん還付があるとはうらやましい限りです。

投稿: はた衛門 | 2010/02/12 08:43

ryoiさんへ:
いやー、冬の盛りですから、蘭尽くしでもしませんと…。
ワタシが見かけた事務所の胡蝶蘭は、かなりほったらかしなのに
二度目の開花をしました。
構い過ぎないくらいがいいんでしょうかね。

投稿: はた衛門 | 2010/02/12 08:46

濃いピンクの胡蝶蘭、白花とはまた趣が違いますね。家のは白ですが、結構いい加減に育てて・・育てるとは言えない程度で、生かしてあります。
家に来た当時の見事さは全くありませんが、思い出したように花を見せてくれます。

投稿: 杏まま | 2010/02/12 11:09

杏ままさんへ:
ありゃりゃー、杏ままさんも持ってらっしゃる~。
そう言えば、きょうから「世界らん展」ですね。
嫁さんに「連れてけ~」と迫られてるんですが、
ちょっと趣味じゃないんですよね~。

投稿: はた衛門 | 2010/02/13 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月10日(水) カトレア | トップページ | 2月12日(金) レッド・ジンジャー »