« 1月4日(月) ホンコンカポック(シェフレラ) | トップページ | 1月6日(水) シュロガヤツリ »

1月5日(火) キチジョウソウ

100105kitijousou1_bまさに「血眼」で探し出した1本の穂です。花のときはあんなに豪華だったので、この赤い実も被写体を選びきれないくらい並んでいるだろうと思って出かけました。ところがどっこい、花穂はたくさん残っていたものの、みんなスカなのです。
道沿いに何カ所かキチジョウソウの藪があって、合計すれば20mもありそうなのに、どの穂もどの穂も結実しておらず、枯れた萼が残っているだけでした。
ここがダメなのか、今年がダメなのか、ほかの場所も当たってみなくては…とほとんどあきらめた最後の一叢にマッチ棒の頭ほどの赤い粒を見つけたときの喜びは、これこそ飛び上がりたいほどでした。「キチジョウソウの結実確率」という課題は抱えてしまいましたが、まずは狙いどおりの収穫を得られてうれしいうれしいレポートです。

【続報】 ちょっと気になるので、二日連続で吉祥草の実の捜索に出かけました。きのうとはまったく別の場所だったのに、ここも枯れ穂ばかりです。
100105kitijousou2_b直径で3mほどの群生の根もとを片っ端からかき分けていたら、ようやく1個だけ見つかりました。30cmほどの高さの草むらのなか、6~7cmくらいしかない高さの穂ですから、かなりの根気が必要です。
きのうの実と違って、きょうのものは形が丸々しているのが収穫と言えば収穫でしょうか。なぜこんなに実のつきが悪いのか、この秋には花の造りもじっくり見てみたくなりました。(1月5日 16:00追記)

<補注> 花の観察結果はこちらです。(2010年11月20日)

2009年のきょうサザンカ(白八重)> 2008年のきょうミミズバイ> 2007年のきょうオキザリス・セルヌア> 2006年のきょうナンキンハゼ> 2005年のきょうノイバラ

|

« 1月4日(月) ホンコンカポック(シェフレラ) | トップページ | 1月6日(水) シュロガヤツリ »

コメント

正月早々、大変な探索でしたね。
でも、その執念でとうとう発見された時の喜び、
文面からにじみ出ていますよ。さすが師匠。絶対
諦めないところに探究者の心意気を感じます。
おっと、弟子がこんな生意気なことを言ったりして・・
お正月さんに免じてお許しくだされ。

投稿: zenpeichan | 2010/01/05 21:46

zenpeichanさんへ:
夏と違ってヤブ蚊に悩まされないのが救いでした。
吉祥草の葉をかき分けるだけならまだしも、
空を覆っていた木々の枯れ葉も積もっていて、
それらをどけては根元をかき分け…という作業の連続した。
苦労の割には正解を見出せていないところがご愛敬です。

投稿: はた衛門 | 2010/01/06 07:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月4日(月) ホンコンカポック(シェフレラ) | トップページ | 1月6日(水) シュロガヤツリ »