« 番外編 : オヤジの街 | トップページ | 2月1日(月) カモジゴケ »

1月31日(日) ベニヒモノキ

100131benihimonoki_b
男と生まれたからには、一度はヒモと呼ばれる生活がしてみたい…という願いが叶う可能性はかなり閉ざされてきました。もっとも、嫁さんに絡みつくだけなら、これからいくらでも実現余地ありです。もっとも、ヒモと濡れ落ち葉では差がありすぎです。
おっと、温室の熱気でオツムが春になってしまいました。鮮やかなヒモ状の花がブランブランと賑やかです。花だけ見るとカライトソウを連想します。
同じような造りなのに、かたや「糸」で、こなた「紐」とは理不尽な…と思いつつ仔細に比べると、一本一本のシベの長さが違いました。カライトソウはシベが長く、見るからに糸が垂れた様子です。一方、こちらはシベが短くて、全体がビロード状の紐に見えるというわけでした。

2009年のきょうネズミサシ> 2008年のきょうサネカズラ> 2007年のきょうヤマアイ> 2006年のきょうヤダケ> 2005年のきょうシナマンサク

|

« 番外編 : オヤジの街 | トップページ | 2月1日(月) カモジゴケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : オヤジの街 | トップページ | 2月1日(月) カモジゴケ »