« 1月19日(火) セイヨウヒイラギ | トップページ | 1月21日(木) クマシデ »

1月20日(水) チンカピン

100120chinquapin1_b名前の真んなかの「カ」の字を抜くと、「珍品」になります…などという言葉遊びはさておき、チンカピンは英語(その語源は未詳)で、chinquapinと綴ります。
名前も変ですが、その実がもっと変で、ドングリがイガに入っています。イガがあるから栗かと思えば、実は1個だけしか入っていなくて、したがって栗のような扁平の面がありません。拾ったとき(11月上旬・この写真も)は正体がわからず、今ごろになって、ほかの調べ物のはずみでようやく名前が判明しました。
100120chinquapin2_b生でかじった味は、ドングリよりは風味があって、いくらか栗寄りでした。リスや鼠にはうれしいごちそうでしょう。今の時期は薄汚れたイガだけが残っていました。

2009年のきょうムベ> 2008年のきょうシモバシラ> 2007年のきょうバコパコピア・ガリバーライラック> 2006年のきょうカンツバキ> 2005年のきょうチョウセンレンギョウ

|

« 1月19日(火) セイヨウヒイラギ | トップページ | 1月21日(木) クマシデ »

コメント

本年も頑張ってください。 クリ属のあるものはチンカピンと呼ばれているそうで、スペルからするとアメリカ原住民の言葉が起源ではないかと思います。 Castanae pumila

http://anthois.sakura.ne.jp/zukan/zu04b/fnnj15-2.html

投稿: Reny | 2010/01/20 11:07

チンカピンというのは 木ですか草ですか?
まあ境は曖昧なのでしょうが
一見すると 木? 草?

投稿: sirouto | 2010/01/20 15:24

Renyさんへ:
いつもお手助けをありがとうございます。
チンカピン、なるほど、インディアン(という呼び名は良くないかな)の
言葉の感じがしますね。

投稿: はた衛門 | 2010/01/21 06:38

siroutoさんへ:
あ、これは立派な木です。大きいです。
Renyさんが貼ってくれたリンク先で木の様子を
見ることができます。

投稿: はた衛門 | 2010/01/21 06:40

栗?と思ったら違うんですね。
面白い名前と不思議な実に戸惑っています。

投稿: zenpeichan | 2010/01/21 10:10

アメリカ原住民だとハワイの原住民も入るとかで、最近はアメリカインディアンと呼べば良いらしいです。 私も長年のくせがぬけなくて。

投稿: Reny | 2010/01/21 10:28

う~ん
本当に、珍品ですね。
まだ、見たことも、触ったこともありません~

投稿: ぴょんぴょん | 2010/01/21 21:18

zenpeichanさんへ;
あちこちにある木じゃないのが玉に瑕ですが、
なかなか面白いですよね。
この実を植えて、苗を作ればいいのかな?

投稿: はた衛門 | 2010/01/22 07:25

Renyさんへ:
あ、なるほど、ありがとうございます。
インディアンが「チンカピーン!」なんて叫んでいる
姿を想像して、ひとりで悦に入ってます。

投稿: はた衛門 | 2010/01/22 07:28

ぴょんぴょんさんへ:
はい、本当にまだ珍しい木なんです。
イガだけ見るとただの栗かと思ってしまいます。
この実を拾って植えれば良かったと思うのですが、
あとの祭りです(食味実験だけして、ポッケに入れ忘れ・笑)。

投稿: はた衛門 | 2010/01/22 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月19日(火) セイヨウヒイラギ | トップページ | 1月21日(木) クマシデ »