« 番外編 : どかとか、いったい「ど」っち? | トップページ | 1月12日(火) ツワブキ »

1月11日(月) ユズリハ

100111yuzuriha_b去年は雄花の豪快な咲き具合に惚れぼれしたあとで念願の雌花も撮影でき、その前にも、ユズリハはここに三度(実の発見黄葉元旦)出ています。もういい加減卒業のはずなのに、どうしてまた変哲のない写真を持ち出したかと言えば…。
いやはや、今ごろ知ってびっくりなのですが、この葉や樹皮を食べると、牛でも死ぬことがあるのだそうです。例のアルカロイド成分が含まれていて、昔はこれを煎じて殺虫剤にすることもあったと言います。
正月のお餅を載せるぐらいでは命に別状はないでしょうが、秋の実を不用意に口にするのは慎むのが良さそうです。さて、このことを秋まで覚えていられるかどうか、この葉をチョビッと舐めて、記憶装置に活を入れて(毒も薬?)おきますか。

2009年のきょうハリギリ> 2008年のきょうシマタケ> 2007年のきょうゼニゴケ> 2006年のきょうイブキ(ビャクシン)> 2005年のきょうカンザクラ

|

« 番外編 : どかとか、いったい「ど」っち? | トップページ | 1月12日(火) ツワブキ »

コメント

へーっ知らなかったです。
そんなに毒性が強いだなんて。
縁起物の樹なのに意外性にびっくりです。

投稿: zenpeichan | 2010/01/11 21:51

zenpeichanさんへ:
ね、ちょっとびっくりですよね。
焼津ではお餅の下に敷きますかね。
まあ、この葉まで食べようとする人は滅多に
いないでしょうけどねー。

投稿: はた衛門 | 2010/01/12 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : どかとか、いったい「ど」っち? | トップページ | 1月12日(火) ツワブキ »