« 番外編 : 寒天よ、お前もか | トップページ | 番外編 : どかとか、いったい「ど」っち? »

1月10日(日) カゴノキ

100110kagonoki_bこの木の説明に必ず出る「鹿(の)子」を思い出せず、動物サイトで確かめたら、なるほど、茶に白い斑点でした。それよりはこちらの方が、柄も色合いも上品かつ優雅ですが、名前を借りている義理のせいで、そっとつぶやくだけにしておきます。
これだけの模様を見せるにはかなりの年数が必要で、若木の樹皮はまるでそっけないそうです。鹿の毛並みとは逆の現象です。仔鹿の斑点はカモフラージュ目的でしょうが、カゴノキも迷彩模様で伐採を逃れようという魂胆でしょうか。
冗談はさておき、プラタナスにもこういう特徴があります。斑に樹皮が剥落することのメリットがなにかあるはずなのに、さっぱり想像がつきません。

2009年のきょうナツトウダイ> 2008年のきょうツバキ(詳細不明)> 2007年のきょうゴシキトウガラシ> 2006年のきょうハナツメクサ> 2005年のきょうダイコン

|

« 番外編 : 寒天よ、お前もか | トップページ | 番外編 : どかとか、いったい「ど」っち? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 寒天よ、お前もか | トップページ | 番外編 : どかとか、いったい「ど」っち? »