« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

12月31日(木) ヒマラヤスギ

091231himalaya_sugi1_b秋口にテレビ朝日の「ナニコレ珍百景」に登場したことで、ヒマラヤスギの知名度は急上昇です。こんなものが珍百景(残念賞)で、しかもその場所が所沢(航空公園=志木の近場)とは、埼玉ってそんなになにもないのか! 怒・怒・怒!
などと偉そうに言っているわりには、このヒマラヤスギが雌雄同株の雌雄異花であることに気づいたのは今年の2月でした。雄花は珍景に該当しないとは、男性としては憤懣やる方なしですが、たしかに5年前の秋には自分でも白くて大きな松ボックリ(球果)がおもしろくて写真を撮っていました。
091231himalaya_sugi2_bしかし、TVを真似た絵だけでは仕方ないので、松笠が落ちた(抜けた)あとの様子を載せておきましょう。ここにキャンドルを立てて、天然のX’masツリーにしたら、今度こそ「珍百景」に合格すると思うのですが…。
番組に登場したせいか、このヒマラヤスギは「杉」ではなくて松の仲間だということを知っている人が増えました。おかげで、あすの元旦はどうせ「松」で、きょうはそこへのつなぎという魂胆を説明する手間が省けます。(ぜんぜん省いてません・笑)

2008年のきょうスエコザサ> 2007年のきょうサカキ> 2006年のきょうオキザリス・プルプレア> 2005年のきょうクリハラン> 2004年のきょうマンリョウ

| | コメント (2)

12月30日(水) サワラ

091230sawara_bイタドリ婆さんの枯れきった姿を引きずっていては清新な正月が来てくれそうにもないので、青々とした葉に戻ります。
このサワラとかヒノキ、あるいはアスナロなどは、比較的身近にある針葉樹で、冬でも豊かな緑を楽しませてくれます。さらに、今の時期ならかわいい鈴型の実が目立つ色に枯れ上がって、夏よりは2倍楽しいというわけです。
実の大きさの順はヒノキ→サワラ→アスナロですが、実のないときは葉裏の模様が見分けポイントになります(サワラの葉裏を載せた増補版へリンク)。

2008年のきょうヨルガオ> 2007年のきょうポインセチア> 2006年のきょうコガマ> 2005年のきょうコトネアスター> 2004年のきょうソシンロウバイ

| | コメント (0)

番外編 : 八八八八と福笑い

091229tyoujou_33,333段を昇ったときから気になっていた長崎の8,888段です。できれば早めに征服したいという願いを強引に叶えてしまいました。
3,333段の記事では強がりを言いましたが、じつは翌日からふくらはぎがパンパン・ピキピキになり、幾日かビコタン歩きでした。これではならじと鍛え直しての今回の挑戦です。したがって、降りきってから24時間待ち、ふくらはぎに異常がないことを確認してから、ここに成功発表です。日本一の階段征服もうれしいけれど、むしろ鍛え直し効果があったことの方にうれしさを大きく感じます。
ただ、本当のことを言えばここ長崎の8,888段はかなり「数合わせ」で、キツさから言えば熊本の3,333段の方が上のようです。途中休憩なしは両方同じでも、こちらはほぼ全部を二段跳びで昇ったので、往路は所要40分少々でした。
091229yukiところが、暖かいはずの島原半島でも山の上は雪だったので、下りは滑って危なくて60分弱かかってしまいました。ただ、コンディションの良かった熊本でも下りの方が時間を要したので、今度は下りのスピードを出せる練習をしなくては!

| | コメント (8)

12月29日(火) イタドリ

091229itadori_b赤やら黒やらオレンジやら、冬景色のなかでも目立つ色の実ばかり撮影していたら、イタドリが「アタシのことも忘れんといてェ~」と呟いていました。
そんなイタドリ婆さん(写真は雌株)の声はさて置き、果「実」部分がないものも「実」と呼べるか、気になって辞書を調べてみました。ホッ、種のことも「実」と言うそうで、植物学的にはいざ知らず、一般概念としてならこれは立派に「実」の写真でした。

<補注> 秋の雄株・雌株の様子はこちらです。

2008年のきょうセイタカアワダチソウ> 2007年のきょうツルマサキ> 2006年のきょうサツキ> 2005年のきょうトサミズキ> 2004年のきょうキダチアロエ

| | コメント (2)

12月28日(月) イイギリ

091228iigiri_bこのところ再三登場している「食べられない実」の代表がこのイイギリでしょう。鳥たちがぜいたくに食い散らかした「残飯」をいただくというのも情けないのですが、それを囓ったあとはもっと情けなくなります。きれいな見かけに反してガサツな歯触りと、あとからジワーッとくる苦さは、自己嫌悪を味わいたいときのとっておきです。
ただ、どんなことにも意外な発見はあるもので、あの雄大さを誇るイイギリの「素」がこんな芥子粒のような種だったとは知りませんでした。拾ったこの一枝の種がもし全部芽吹いたら、ものすごいイイギリ林ができあがることでしょう。

2008年のきょうヤツガシラ> 2007年のきょうヤブツバキ> 2006年のきょうサネカズラ> 2005年のきょうカンアオイ> 2004年のきょうブルーデージー

| | コメント (0)

12月27日(日) ナツメヤシ

091227natumeyasi_b鳥さん専用の、人間にはちっともおいしくない実ばかり囓ってみてきたわりには、古くから食品(デーツ)として愛されてきたこの実を試食できないのはくやしいことです。どれだけ背伸びしても届かないし、木登りしようにもしなだれた葉が邪魔します。
背中のディパックには観察や撮影のための小道具がいろいろ入っているのですが、今度からは折りたたみのマジックハンドを持っておかねば…。そんなディパックを背負っているときに職務質問を受けたら、ややこしいことになりそうですけど。

2008年のきょうハスノハカズラ> 2007年のきょうオレガノ・バーバラチンゲイ> 2006年のきょうムサシアブミ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうレースラベンダー

| | コメント (2)

12月26日(土) フサザクラ

091226husazakura_b撮るときは単純に「ヤジロベーみたい」と思ってシャッターを押したのに、こうしてあとからじっくり味わうとサーカスの芸人みたいに見えてきました。きのうに続いて、撮影のときと写ったあとの「見え方」の違いを味わっています。
夏にあれだけフサフサ豊かだった実もかなり残り少なくなっていました。なにかの弾みで熟すのが遅れたこの房も、あと何回の北風に耐えられるでしょうか。
来春のための葉芽にこんなにエネルギーが満ちてきていて、不景気風に背中が丸くなりがちな人間様に「シャンとしなさいよ!」とエールを送っているみたいです。

2008年のきょうハマボウ> 2007年のきょうレンギョウ> 2006年のきょうハナイソギク> 2005年のきょうウキツリボク> 2004年のきょうセンダン

| | コメント (4)

12月25日(金) クロガネモチ

091225kuroganemoti1_bX'masらしい色合いではあるまいかと勇んで撮影したのに、こうして見ると、そんな雰囲気がほとんどありません。素材がそもそも和風なのでしょう。
それにしても大きな木でした。街路樹などで見るクロガネモチはせいぜいが高さ3mほどなのに、その倍くらいはありました。もちろん枝振りも大らかです。
091225kuroganemoti2_bそろそろヒヨドリの総攻撃を受けそうな実を、お先にいただいてみました。かなり水気のある実で、指で簡単につぶれます。
小さな種がこのように入っているので、果肉はほとんどありません。もっとも、味は軽い苦さだけで、人間の食用にはなりません。

2008年のきょうハマゴウ> 2007年のきょうノササゲ> 2006年のきょうシロタエヒマワリ> 2005年のきょうキンメイモウソウチク> 2004年のきょうボケ

| | コメント (4)

12月24日(木) タラノキ

091224taranoki_b耳についたジングルベルのせいか、タラノキの葉が落ちた痕が、なんだかトナカイの首に見えてきます。いささか首回りがありすぎる気もしますが、今晩のお仕事前に豪華な首飾りをつけて、準備完了というところでしょうか。
今月の上旬にはまだ紅葉を見せていたはずなのに、今年は暖冬とか言いながら、冬は確実にやってきていたようです。

2008年のきょうコウヨウザン> 2007年のきょうシキザクラ> 2006年のきょうシキザキホソバアカシア> 2005年のきょうシモバシラ> 2004年のきょうポインセチア

| | コメント (2)

12月23日(水) マメキンカン(キンズ)

091223mamekinkan_bスケールを入れて写し込まなかったのを反省しつつの掲載です。ただ、もし「マメ」という名ほどの小ささがうまくわからなくても、実のおヘソがハッキリ窪んでいるところで、ふつうの金柑と見分けができるはずです。
その実は直径が1㎝ほどで、レギュラー品の半分といった感じです。木の背丈も1mほどしかなく、マメキンカン(あるいはヒメキンカン)という名には素直に合点です。元々がこういうサイズなら、うまく盆栽に仕立てて正月飾りに使えるかもしれません。

<補注> 実際に盆栽に使われるようで、そのときはキンズ(金豆)と呼ばれることが多いようです。

2008年のきょうユキツバキ> 2007年のきょうミヤマフユイチゴ> 2006年のきょうユリオプス・デージー> 2005年のきょうスイカズラ> 2004年のきょうアリッサム

| | コメント (2)

12月22日(火) ナナミノキ

091222nanaminoki1_bきのう触れたTZ-3の「実質15倍」は本当にありがたい機能で、5~6m上空にある木の実も、こうやってどうにか捉えることができます。というのはカメラの話ではなくて、それほどに大きい木だったというのが本題です。
これが夢にまで見たナナミノキ…と興奮したのは自分の勝手でも、さて、なぜ「ナナミ」だったか、不思議な名前の由来は忘れていました。それもそのはず、調べ直したらいろいろあって、「長い実→長実→ナナミ」「実がたくさん→七実」「実がひしゃげ→斜め→ナナミ」「幹の皮が波目模様→ナミメ→ナナミ」など諸説紛々です。
091222nanaminoki2_bたしかに、同属のモチノキよりは実が長いし、これだけボタボタ落ちているほど実りは豊かだし、実が斜めというのはやや苦しいけれど、樹皮にはそれらしく見える雰囲気もありまして、いやはや、これは歴史の川底に沈んだままにしておくべき謎でしょう。
その名前と同じくらい不思議なのはこの実です。薄い硬質の殻がカパッと簡単に割れるので、まるで植物の卵(?)みたいです。舐めたおつゆにおいしさはなく(残念・笑)、うっすらとした苦みを味わいました。

2008年のきょうカラシナ(セイヨウカラシナ)> 2007年のきょうミヤマシキミ> 2006年のきょうナガエコミカンソウ> 2005年のきょうミニバラ> 2004年のきょうトベラ

| | コメント (0)

12月21日(月) カラスザンショウ

091221karasuzansyou_b今月初め、出会えたうれしさに、つい「ヤッター!」などとハシタナイ声をあげたカラスザンショウなのに、なーんだ、ここにも、あすこにも、あちこちにありました。弾みがつくと、それまでの疎遠さが嘘のようになることって、草木にはあるようです。
おまけに、TZ-3のズームいっぱい(15倍)で、メジロが実をつつく様子をキャッチできました。ものすごくせわしい鳥なので、少しブレ加減はご容赦です。

さて、話はこのTZ-3(Panasonic-LUMIX)です。カタログ的には「10倍ズーム」なのに、上に15倍と書きました。これは嘘でもなければデジタルズームのことでもなく、本当に光学的な機能です。
最新機種のTZ-7にもこの「オマケ特性」は引き継がれ、公称12倍は実質21.4倍です。なぜこれを大々的に打ち出さないか、むずかしい事情がわからなくて、不思議です。小さなボディでこんな芸当ができるところがうれしくて、そろそろデジイチごろ?と心が揺れつつ、「21.4倍ならTZ-7でいいかも」と迷います。まあ、両方買える懐具合の人にはバカバカしい迷いではありますが…。

<追記> 上記のEX光学ズームについては、あとからRyoiさんがコメントで詳しく説明してくださいました。

2008年のきょうタネツケバナ> 2007年のきょうカラタチバナ> 2006年のきょうユキヤナギ> 2005年のきょうハンノキ> 2004年のきょうギョリュウバイ

| | コメント (2)

12月20日(日) センリョウ

091220senryou_b千両と万両の実が並んでいたら、ヒヨドリはどちらを先に食べるでしょう?
zenpeichanさんが出したこのクイズに、「実が大きいから万両!」と答えたイヤシイ人間は、みごとにブブーを喰らいました。あの悪食のヒヨが、わざわざ小さな実から食べるなんて、どうにも信じがたいことです。
そこで、今まで口に入れたことのなかった千両万両を啄んでみました。なるほど、千両は完熟で、思いがけないジューシーさです。対して万両はまだ硬さを残しており、ヒヨは大きさに惑わされず、食べ頃をしっかり見分けていることがわかりました。
なお、味はどちらも鳥さん専用食品であったことをおことわりしておきます。

2008年のきょうタンキリマメ> 2007年のきょうクネンボ> 2006年のきょうヒイラギ> 2005年のきょうキリ> 2004年のきょうイヌホオズキ

| | コメント (4)

12月19日(土) イチョウ

091219ityou_b木枯らしの吹き始めまでには熟して落ちるはずの銀杏が、そろそろジングルベルが響く空を飾っていました。よく見ると、実はかなりシワシワになっています。貴腐葡萄なら価値がっても、銀杏が樹上で枯れたところで、誰も喜ばないでしょう。
もっとも、イチョウは個々の木によってリズムの違いが大きいことは、前々から気づいていました。同じ並木の木でも黄葉の足並みがそろわないこともあるし、大きな独立樹だとなおのこと、仲間のことなど気にせずにマイペースです。
さて、あらためて気になったのは、銀杏のあの珍なる匂いはいったい誰のため?ということです。鳥が銀杏を啄む様子は見た記憶がないし、地上に落ちたそれをリスが拾うとも考えられません。いつか真相がわかる日が来ますように。

<補注> このあと、山道で大量の銀杏(殻のまま)を含んだ大きな○ンコを二度も見かけました。なにか中型動物が、落ちた実を拾い食いしている事実はあるようです。(2013年11月11日)

2008年のきょうモチノキ> 2007年のきょうハクウンボク> 2006年のきょうフユザクラ> 2005年のきょうトコナツ> 2004年のきょうジュウガツザクラ

| | コメント (2)

12月18日(金) チドリノキ

091218tidorinoki1_bきれいな黄葉を見つけて、「あ、チドリノキみたい」と近づいたら、去年ここに載せたものと違って実がついていません。強い葉脈と鋭い鋸歯という特徴はあっても、群れ飛ぶ千鳥に見える(という)あの目印がないと、見分けに自信がなくなります。
091218tidorinoki2_b違う場所で、手が届く高さで写すことができました。もうこんな枯れ色ではありますが、1枚目写真ではカエデ類の証拠である対生がわかりにくいので、付け根をアップにしました。刺々しい重鋸歯も、カエデ類の手がかりになりそうです。
しかし、こちらの木にも実はありません。調べたら、チドリノキは雌雄異株でした。実のない雄株の黄葉をわざわざ載せるのもどうかと思いますが、花は雄の方が派手ですから、春にここに来ることを忘れないように記録を残しておくことにします。

2008年のきょうマルバアキグミ> 2007年のきょうハクサンボク> 2006年のきょうムクロジ> 2005年のきょうマリアアザミ> 2004年のきょうワビスケ

| | コメント (2)

12月17日(木) アキニレ

091217akinire1_bいかにも冬らしい寒さになってきたところで「秋」ニレです。同じニレ属には春ニレもあって、名前につく秋や春は開花時期を示しているようです。残念ながら秋の花は見過ごしてしまい、冬に秋ニレを取り上げるという情けない事態になりました。
しかし、花を見つけられなかったことを棚に上げて言えば、ヤケにこれ見よがしにたわわな実です。この実を基準に、「冬ニレ」に改称してはどうかと思うほどです。
091217akinire2_bさらに特徴的なのはこの樹皮です。荒々しいことこの上なく、痩せ地にもよく育つというこの木の逞しさを象徴しているように感じます。

<補注> 秋に咲くアキニレの花の白いタイプはこちら、赤いタイプはこちらです。(2014年9月9日)

2008年のきょうハマヒサカキ> 2007年のきょうキジョラン> 2006年のきょうヤブコウジ> 2005年のきょうローズマリー> 2004年のきょうトウネズミモチ

| | コメント (2)

番外編 : くさや騒動

091216kusaya日曜の夕方、玄関でSさん(5軒隣のご主人)が呼ぶので出ると、魚が載った皿を突き出していました。ウォ~、なんだ、立ちこめるこの臭いは~!!
「くさやだよぉ。焼き立ちぃ」
んなもの、どこで焼いたの??
「川原だよ」
そりゃそうだ。こんなもの家のなかで焼いたら、奥さんに離縁されるわ。
「食べて~」
うぉ、2匹はいらんて。1匹だけいただきますよ。うひゃー。

騒ぎを聞いて駆けつけた奥方は一息でノックアウト。おぇ~(こら、吐くなよ!)。
いやー、幸か不幸か、これまで接点のなかったくさやですが、まあ、早い話が○ンチを30倍に煮詰めたような「かぐわしさ」です。
「ちょっと、きょうはジュンちゃんが来るのよ。この臭い、どうすんの」
バタバタ、バタバタ(窓を開けて煽ぎまくる音)
注)ジュンちゃん=ウチのパラサイト娘の友達。一応未婚の娘さんなので、この○ンチ臭でお迎えするのはちょっとはばかられる
とりあえずきょうのところは仕舞っておこうや。
ラップでグルグル。これを3回繰り返し、ラップミイラになったその物体をジップロックに入れ、さらに冷蔵庫保存は却下されベランダの隅へ。

幸いに客人に不審な臭いをかがせることもなく一夜が明けて、どれどれとジップロックを開けようとすると奥方が「やめて! やめなさい!」と騒ぐので気後れがしてしまいます。そんなうるさい奴が遊びに出かけたスキに、そっと試食してみましたよ。(ラップを開いたあと、写真を撮る間を惜しんで口に入れてしまった関係上、ネットのお店から上の写真を無断拝借しました。みや藤さん、ごめんなさい)

<結論> ふつうに干物にすればいいんでないの? あれだけの臭いと、このふつうの干物味とは、どう考えても釣り合わないでしょうよ。
<結論のあとの気づき> そうか、くさやには酒だ。あわててガツガツ食べるんではなく、ちょいと囓っては口中を旨酒で満たすといいんだわ、あれ!
<気づきのあとの結論> 夏の宵、特に新島でなくてもいいからどこかの浜辺で(家のなかでは絶対にまずい)、焚き火にかざしながら、焼酎をチビリ(もしくはグビリ)とやりながら、楽しむものですね、これは…。Sさん、貴重な体験をありがとね~!!

| | コメント (6)

12月16日(水) サンビタリア

091216sanvitalia_bずいぶん暖かい冬だと思っていたら、今までのツケを返せとばかりにきのうから冷えてきました。寒さにはあまり強くないというサンビタリアなので、この花が年内の見納めだったかも(日曜の撮影)しれません。
足首ほどの高さで横に広がります。花を目に入れなければヒメツルニチニチソウの雰囲気に近いものを感じるくらいで、広い空き地を覆うには絶好かと思います。
学名そのままの名前ではなじみにくいのか、メキシカンジニアという別名もあります。ただし百日草にはかなり遠い佇まいで、やはりこれは「サンビタリア」なのでしょう。

2008年のきょうシラキ> 2007年のきょうコスモス(矮性)> 2006年のきょうタアツァイ> 2005年のきょうリュウキュウマメガキ> 2004年のきょうネズミモチ

| | コメント (0)

12月15日(火) アオギリ

091215aogiri1_bこのアオギリには手を焼きます。花どきにもワケのわからない絵にしかならないし、秋に稔ってもおいしさの欠片もない姿です。
いよいよ葉が落ちて、まるで枯れ枝にゴミがひっかかっている風情です。同じ「桐」の名がついていても、先日のイイギリとは美しさが雲泥の差です。
091215aogiri2_b落ちていた実をシゲシゲ見れば、さらに考え込んでしまいます。なかにつけた実をポンと弾き出すように反り返った莢に、めげずにしつこくくっついている種…、なんだかどこぞのパラサイト娘みたい…うぅぅ、アオギリってホント、鬱陶しいヤツです。

<補注> 上の文中、「ポンと弾き出すように反り返った莢」という記述は不適切でした。夏の盛り、まだ実(種)が青い時期から、莢はこの形であることを確認しました。(2012年8月14日)

2008年のきょうツクバネ> 2007年のきょうカラスザンショウ> 2006年のきょうチャボヒバ> 2005年のきょうクロガネモチ> 2004年のきょうカナムグラ

| | コメント (2)

12月14日(月) サンパチェンス

091214sunpatiens_bニューギニア・インパチェンスを園芸改良した品種だそうで、そろそろ花が終わりかけですが、親よりは寒さに強いかもしれません。
「地球の温暖化を救う花」という売り出し文句には「なにそれ?」でしたが、空気中の二酸化炭素や二酸化窒素などの有害物質を、ほかの植物の3~8倍も吸収するのだそうです。ハウスシックの一因であるホルムアルデヒドにも効果ありというので、もし部屋に鉢を置くのなら、これにする手はありそうです。

2008年のきょうカラスザンショウ> 2007年のきょうフウ> 2006年のきょうムラサキキャベツ> 2005年のきょうハナヒョウタンボク> 2004年のきょうホオズキ

| | コメント (2)

番外編 : ヤーコンのその後

091214yacon1先日のヤーコンの続報です。ワタシが花の撮影を済ませるのを手ぐすねひいて待っていたオーナー夫妻が、きのう、芋を掘りあげました。「行くよ~」と誘われたので、畑にお伴して収穫の様子を撮らせてもらいました。
まずは2mにものびた茎を根元で切り、芋がありそうな周りをスコップで起こし、茎をヨイショと引っ張ると、出たァ~、お芋です。
091214yacon2ちゃっかりいただいたお芋を、さっそく試食してみました。まずは丸のまま、ガブリと噛みついたら、これが「お芋」とはまるで異なる食感です。味がぼけてしまった梨…、もしくは辛みがまるで抜けてしまった大根…、なんら障りになる味はなくて、歯触りがとてもいいのです。いかにも芋々しい(?)外見とは裏腹の、爽やか系のお味でした。

| | コメント (2)

12月13日(日) イタヤカエデ

091213itayakaede_bカエデ類のなかでは葉が一番大きく、一枚の差し渡しが10㎝前後はあります。板葺き屋根の下にいるみたいという由来の名前ですが、黄葉も終盤にさしかかり、さすがにかなり雨漏りがしそうな案配です。
一口にイタヤカエデと言っても、葉の切れ込みの深さによって種類があるそうで、この木の葉はずいぶんと浅い切れ込みです。
なので、いわゆるオニイタヤ…と思ったら、この手のものはアカイタヤ・モトゲイタヤ・エゾイタヤと各種取りそろっているようで、簡単にギブアップすることにしました。自分的には大きくイタヤカエデで括っておくことにします。

2008年のきょうカラハナソウ> 2007年のきょうハンカチノキ> 2006年のきょうカランコエ・ベハレンシス> 2005年のきょうワビスケ> 2004年のきょうイシミカワ

| | コメント (2)

12月12日(土) ネズミモチ

091212nezumimoti_bネズミモチとトウネズミモチの実がたわわに目立つ時期になりました。きょうのお題をどちらにしようか迷ったものの、過去の掲載実績を見ると、トウネズミモチ2回なのに対してネズミモチは1回だけでした。不公平はいかんので、めでたく鼠くん(↑)をきょうのタイトルといたしましょう。
091212tounezumimoti_bしかし、こうして陽光に透かすと、トウネズミモチ(↑)の葉脈がきれいです。鼠くんはどんなに陽に照らされたところで透けるものではありません。あ、きょうの主役は鼠くんの方でした。ふてくされたように分厚い葉が渋くて、ステキです。\(-_-;)

2008年のきょうツルアリドオシ> 2007年のきょうカラマツ> 2006年のきょうエピデンドラム・ラディカンス(洋ラン)> 2005年のきょうノゲシ> 2004年のきょうヒメリンゴ

| | コメント (2)

12月11日(金) ノイバラ

091211noibara_bどうにも派手過ぎて、これでは「野」イバラらしくありません。ちょっと肥料をやり過ぎたんじゃないかと、ここの公園の管理人に文句の一つも言いたくなります。
そんな勝手なことを考えながら過去ログを調べたら、オォ、2006年のものは野生の侘びを感じる渋さでした。しかし、その前年はかなり派手めの1枚でした。
まあ、あまり「野」の字にこだわらず、美しければすべてよしとしますか。手前にボケを入れるという手法をお試し中なのですが、どうにも単なる下手写真です。

2008年のきょうラシャカキソウ> 2007年のきょうシャシャンボ> 2006年のきょうデルフィニウム> 2005年のきょうトウカエデ> 2004年のきょうウキツリボク

| | コメント (4)

12月10日(木) ヤーコン

091210yacon_b町内の人が近くの畑でヤーコンを作っているのを知って、まだ背丈が低かった夏のうちから花を撮らせてもらうお願いをしていました。
霜が降りるころに芋を掘りあげるのが「正しい農業」のようで、そのせいか、これを植えている人は多くても、花が咲くまで放置してくれる人は少ないのです。「寒~くなってから咲くからネ」と頼み込んだせいで、無事に待望の1枚をゲットです。
男の背丈よりも大きくなった株の先端につく2㎝ほどの花です。ガサついて硬い鏃(やじり)型の葉とは裏腹に、小さくて弱々しげなのに、師走の寒風が大好きのようです。

<補注> このヤーコンは12月13日(記事は翌日)に掘りあげられました。花が咲くまで、わざわざ収穫を遅らせてくださったTさん、ありがとうございました。

2008年のきょうチョクザキヨメナ> 2007年のきょうメグスリノキ> 2006年のきょうゴクラクチョウカ> 2005年のきょうブルーベリー> 2004年のきょうフクシア

| | コメント (6)

12月9日(水) メタセコイア

091209metasequoia1_b先月、落羽松のところで引き合いに出して、メタセコイアの実と黄葉が未収録だったことに気づきました。あわてて撮影に出向き、どうやらその二つが一緒に入った画像を確保できました。
さて、高い木を見上げ、実・実・実…と探していたら、なんだか稲穂のようなものもワサワサと風に揺れています。
091209metasequoia12_b小さな粒を割ってみたら、なかはみずみずしい緑でした。どうやらこれが雄花で、2月の末には開くようです。
091209metasequoia2実はだいぶ地面に落ち始めていました。落羽松の実(右)も同じ携帯に載せて撮影してあったので、両方の写真を貼り合わせてみました。構造も多少違うし、メタセコイア(左)の方がかなり小振りであることがわかります。

2008年のきょうアオハダ> 2007年のきょうケヤキ> 2006年のきょうサンダーソニア> 2005年のきょうサンシュユ> 2004年のきょうメキシカン・ブッシュ・セージ

| | コメント (2)

12月8日(火) イイギリ

091208iigiri1_bあまりの美しさに、パシャパシャと際限なく撮っていたら、うゥ~、首がァ~。さてどのカットに絞ろうかと悩んだものの、この3枚は捨て切れません。
091208iigiri2_bもうすぐ、この葉はすっかり落ちてしまいます。赤い実だけプラプラというのはこれまでに二度(20062008)載せていますが、葉と実のコントラストは初登場です。
091208iigiri3_bしかしまあ、おとといのハゼノキから察するに、こんな巨木に盛大に実をぶら下げるためのエネルギーを得るための根はいったいどれだけのものでしょう。植物の根を掘り返さずに写せる透視カメラなんてないものでしょうか。

2008年のきょうギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)> 2007年のきょうダケカンバ> 2006年のきょうコクサギ> 2005年のきょうサンキライ> 2004年のきょうガーデンシクラメン

| | コメント (2)

12月7日(月) ウシハコベ

091207usihakobe1_bハコベがこんな季節に咲くとは!と騒ぎ立てようと思ったら、このウシハコベは真冬に咲くことも珍しくないと言います。がっかりと安心がヤジロベーです。
花の様子からてっきりハコベ属だろうと思って調べたのに、この尖った葉先のハコベが見つからなくて少し焦りました。なんと、これだけ仲間ハズレで、一人だけがウシハコベ属に隔離(笑)されていました。
091207usihakobe2_bその原因は雌シベの先で、ふつうのハコベ類が3本に割れているのに対し、こちらは5裂というのが決定的違いだそうです。そばに落ちていた桜の葉を下に敷き、花に近づいてみました。雌シベの先が噴水のように5本に分かれてカールしています。

2008年のきょうコハウチワカエデ> 2007年のきょうギヌラ・パープルパッション> 2006年のきょうヤマハゼ> 2005年のきょうストック> 2004年のきょうイチョウ

| | コメント (0)

12月6日(日) ハゼノキ

091206hazenoki1_b植物を知るということは、当然にその根まで理解しなければいけないことなのに、ふだんは土手のジシバリを抜いてみるのがせいぜいでした。
それが、そういう荒事をせずに、こんなに大物の地中の姿を見つめることができたのだからウヒョヒョです。見上げたら(↓)、空を覆うような櫨(はぜ)の木でした。
091206hazenoki2_b不運にも、この木は切り通しの崖っぷちに生まれ落ちてしまったのです。しかし、土のなかにあるべき器官をこれだけ風に晒してもメゲる風情はありません。見える部分の数倍もの根が岩に食い込み、養分を吸い上げていることを思うと、山のハゼノキ一本といえども、大事な大事な生命であることをしみじみと感じます。

2008年のきょうハウチワカエデ> 2007年のきょうソヨゴ> 2006年のきょうタラノキ> 2005年のきょうメギ> 2004年のきょうダリア

| | コメント (8)

12月5日(土) コンテリクラマゴケ

091205konterikuramagoke_bもし、「このタイトルに漢字をあてよ」という書き取りをやったら、正答率は何%になることでしょう。正解は紺照鞍馬苔(イワヒバ科イワヒバ属)で、後半はわりと簡単でも、「紺照」の難度はかなり高いのではないかと推測します。
そのむずかしさの原因はこの写真にもあって、ぜんぜん紺色が見えません。陽に透けた緑と茶のコントラストに惚れて写したのですが、ほかの季節でも青く感じたことがなかったので、ややあきらめ加減で登場させました。
古くから日本では青と緑は混乱しているので、本当のネイビーカラーに見えるわけではないのかもしれなくても、今後はもう少し青く見えるシーンの撮影が課題です。

<補注> 「紺照」さんの名誉は3年後に回復できました。(2012年9月4日

2008年のきょうチドリノキ> 2007年のきょうヒメリンゴ> 2006年のきょうツルリンドウ> 2005年のきょうナンテン> 2004年のきょうネリネ

| | コメント (4)

12月4日(金) カラスザンショウ

091204karasuzansyou1_b雑木林のなかをキョロキョロしながら歩いていて、思わず「ヤッタ!」と声を漏らしました。やや過剰な反応のその裏には、夏の悲しい思い出があったのです。
とある公園で、真夏にカラスザンショウの花を撮影した2~3カ月もあと、そろそろ実の時期だろうとその木の下に出かけました。何もありません。「もしや」の不安は的中で、カラスザンショウは雌雄異株でした。そう知ってから夏の写真を調べ直すと、小さな花からはこれ見よがしに雄シベの葯が飛び出していました。
091204karasuzansyou2_bそんな失敗からの再捜索でめでたく雌株に遭遇したわけで、多少のはしたない声は勘弁してもらえるでしょう。樹上にはまだ青い実(↑)もあり、地上には枯れきった実(↓)が落ち、そして一枚目写真のとおり、枯れ切る前の実は赤紫の殻や柄も鮮やかに、黒々と輝く種を陽光に光らせていました。
091204karasuzansyou3_b
去年は地上に落ちていたこの実を拾ったものの、空を見上げてもほかの木に隠れて、実をつけた枝は撮影ができませんでした。雄株の下で首を傾げたり、実の枯れ枝を片手に悔しがったりという過去と決別できたこの日を「カラス記念日」とでも名づけたら、俵先生に怒られるでしょうか。

2008年のきょうコシアブラ> 2007年のきょうハンノキ> 2006年のきょうセンニチコボウ> 2005年のきょうフユイチゴ> 2004年のきょうカラスウリ

| | コメント (0)

12月3日(木) フウトウカズラ

091203huutoukazura1_b海沿いの暖地で見られる蔓性植物で、これも樫の木に絡みついて、6~7mの高さまでのびあがっていました。フウトウは封筒でも風濤でもなく、風藤です。
赤くなりかけた実がきれいに熟すにはもう少し時間が必要で、5月の開花から3月の完熟まで、かなりのんびりタイプです。コショウ科コショウ属なので、そうやってじっくりと実の辛さを熟成させるのかと思ったら、この実には胡椒の性質はないそうです。
091203huutoukazura2_b手が届く場所で、房が小さいけれど葉裏ですでに赤くなった実がありました。革質の葉はかなり硬くてゴワつきます。葉柄の付け根が食い込んだハート型のものから、まるで食い込みのないものまで、葉の形には差があります。雌雄異株なので、この時期の雄株はこのやや強面の葉だけで愛想がありません。春には名誉回復の花々しい1枚をぜひ撮ってあげようと目論んでいます。

<補注> 雌雄それぞれ、花の時期をとらえました。(2016年6月4日)

2008年のきょうタカノツメ> 2007年のきょうアカカタバミ> 2006年のきょうスギナ> 2005年のきょうナンキンハゼ> 2004年のきょうダチュラ

| | コメント (2)

番外編 : 新・井戸端スタイル

Photo今どきのオバサマたちは4人集まっても静かなもので、井戸端会議ならぬ携帯会議です。それぞれがきわめて真剣な顔をして、ずっとこんな具合でした。

| | コメント (2)

12月2日(水) ハダカホオズキ

091202hadakahoozuki1_b森のはずれの、半日陰のような斜面で、ドキッとするような輝きを見つけました。草丈は腰の下ほどで、その茎の節々(葉腋)からプランプランとかなり賑やかです。
091202hadakahoozuki2_b別の場所で先月初めに見たときは、まだこの程度の色づき(↑)でした。この場所では上から覗き込むことができたので、茎の上側(空の方向)から出た実の柄が長く(2~3㎝)のびて垂れ下がるというつくりがわかります。

2008年のきょうサンザシ> 2007年のきょうアラカシ> 2006年のきょうアメリカツルマサキ> 2005年のきょうビワ> 2004年のきょうユズ

| | コメント (2)

12月1日(火) コウヤボウキ

091201kouyabouki1_b「いつかじっくり研究してみたい」なんて立派なことを1年前に言ったわりには画像の進歩はささやかです。あのときに比べ、花の様子を少しだけ詳細に写しました。
小学校の理科で、キク科はこういう「集合花」を咲かすことを習ったはずです(タンポポが教材だったでしょうか)。削り節のようにカールしているのが個々の花びら(筒状花の先が割れた状態)で、そこから突き出た薄茶色の棒状物体がシベです。
091201kouyabouki2_b雄シベの集合体(薄茶部分)のなかから雌シベがのび出し、その先端が二つに割れているのが見えます。手前部分の花を少しだけむしり取ったら、濃いピンクの冠毛がこんなにびっしりと詰まっていました。

2008年のきょうイブキジャコウソウ>  2007年のきょうクヌギ> 2006年のきょうイヌツゲ> 2005年のきょうマユミ> 2004年のきょうランタナ

| | コメント (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »