« 11月21日(土) アブラチャン | トップページ | 11月23日(月) ラクウショウ »

11月22日(日) ホコリタケ

091122hokoritake_b松の木の下で見つけたこのキノコ、押すと穴から茶色い煙が出てくるので、子供のときはむやみに潰して遊んだものでした。
松林にあるし、コロコロしているし、てっきりこれがショウロ(松露)だと思っていたのに、今回マジメに調べたら、そんな高級品ではありませんでした。なんともかわいそうな、しかしなるほどピッタリな名前(別名はキツネノチャブクロ)でした。

2008年のきょうコダチダリア(キダチダリア、皇帝ダリア)> 2007年のきょうギンバイカ> 2006年のきょうナギ> 2005年のきょうカリン> 2004年のきょうオオモミジ

|

« 11月21日(土) アブラチャン | トップページ | 11月23日(月) ラクウショウ »

コメント

子どもの頃は何して遊んでいたのかなぁ、と少し考えて
しまいました。師匠は、こういうことをしていっぱい遊
んでいたのですね。私は棒切れを持って、近所の悪ガキ
(本人を含む)10人前後でチャンバラごっこだった
でしょうか。そういえばビー玉やぺったん(メンコ)を
やったりしていました。そうそう、ザリガニのしっぽの
身でカニ釣りも?そんなこんなを思い出しました。
植物で遊んだ経験がないんですねぇ。これっていま思え
ば残念。

投稿: zenpeichan | 2009/11/22 08:22

zenpeichanさんへ:
中学校の裏が松林でしてね。
子供と言ってもやや大人びたころの思い出(照れてれ)です。
遠くなりましたねー。思い出が。。。

投稿: はた衛門 | 2009/11/22 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月21日(土) アブラチャン | トップページ | 11月23日(月) ラクウショウ »