« 11月20日(金) イワニガナ(ジシバリ) | トップページ | 11月22日(日) ホコリタケ »

11月21日(土) アブラチャン

091121aburatyan1_b真ん丸な青い実がプラプラするのを見つけて喜んでから、はや3カ月、怪獣が殻を割って出てくるみたいに外皮が割れ始めていました。涼しげに緑の木陰を作っていた葉は、もう一枚も残っていません。
091121aburatyan2_bこの皮は意外に薄くて、裂けた割れ目からこぼれるように大きな種が出てきます。
091121aburatyan3_b種をつぶしてみると、こんなに指に粘り着きます。この粘りが名前の由来(チャン=瀝青=アスファルト)でしょうが、さて本物のアスファルトのように物作りの役に立つほどとも思えません。仮貼り糊の代役はどうかなあとか弄くり回しているうちに、家族に「もういいでしょ。気持ち悪いよ」と捨てられてしまいました。

<補注> アブラチャンについての過去記録を一覧にしました。(2016年3月20日

2008年のきょうアメリカヅタ> 2007年のきょうカタバミ> 2006年のきょうヤポンノキ> 2005年のきょうシロダモ> 2004年のきょうドウダンツツジ

|

« 11月20日(金) イワニガナ(ジシバリ) | トップページ | 11月22日(日) ホコリタケ »

コメント

花の季節の植物園とか公園の名札で花は覚えて「ふざけた名前だなぁ~」ぐらいのお付き合いで、肝心の「実」とは
恥ずかしながら初対面です。
黄葉も見事とかで・・来年の課題の一つに追いかけようかなぁ~などと

ところで、この「竹の物差し!」
懐かしくて・・涙がこぼれそうですよ。

投稿: hikozii | 2009/11/24 00:55

hikoziiさんへ:
アハハ、変なものが受けてしまいましたね。
ウチでは立派な現役なんですよ。

投稿: はた衛門 | 2009/11/24 06:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月20日(金) イワニガナ(ジシバリ) | トップページ | 11月22日(日) ホコリタケ »