« 11月17日(火) ヒッコリー | トップページ | 番外編 : 天国(?)への階段 »

11月18日(水) ヒオウギ

091118hiougi_b莢から顔を覗かせた「ぬばたま」をここに載せてから、もう2カ月近くの時間が脇の下をすり抜けてしまいました。
やや張りを失いつつありますが、「ぬばたま」はそれでも漆黒の威厳を失ってはいませんでした。むしろ、莢や葉という脇役が舞台を退いた今こそ、孤高の美を誇っているように見えて仕方がありません。
何者の侵害をも拒む黒、すべての光を吸い込んでなおかつ輝く黒…、「心頭滅却すれば」と辞世を残した高僧の、墨染めをまとった姿を彷彿としてしまいました。

2008年のきょうスイレンボク> 2007年のきょうエアーポテト> 2006年のきょうフユノハナワラビ> 2005年のきょうムサシアブミ> 2004年のきょうセンリョウ

|

« 11月17日(火) ヒッコリー | トップページ | 番外編 : 天国(?)への階段 »

コメント

黒は強いぞ♪

思わず歌ってしまいました。
確か、サンヨーテレビのCM、キャンディーズ…

私のお腹の中もかなり黒いという噂ですが、ここまで黒を極めるといいのですね。
(ちょっと違う(笑))

投稿: ちとせ | 2009/11/18 09:07

ちとせさんへ:
え、知らないですよ、それ。
ワタシが生まれる前の歌かな。(ビシバシ!)

あ、なんだ、サブの胃をつけたんじゃなくて、
黒塗りにしたんですか。(ボカボカ!)

投稿: はた衛門 | 2009/11/18 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月17日(火) ヒッコリー | トップページ | 番外編 : 天国(?)への階段 »