« 10月18日(日) ヒメグルミ | トップページ | 10月19日(月) ウオトリギ »

追加編 : オニグルミ

091018onigurumi_bさて、オニグルミとヒメグルミは本当に実を剥かなければ区別がつかないのか、もう一度じっくりとオニグルミの木を見てみました。この木は、今回の核果比較でオニグルミとわかった実がついていたものです。実のほとんどは下に落ちて、果肉はカラカラに干からびていて、あのシブに悩まされずに済みました。
まず、実が大きい分、オニグルミはその房が下に垂れています。ヒメグルミの写真を見直すと、実の房は上に向いているようです。そんな目で見ると、葉も鬼は下に垂れ、姫はなんとなく上に向かっているように見えてきました。この見方で行けば、8月に暫定とした木(今回とは別の場所)もオニグルミで良かったようです。
091018nakahikaku_bだがしかし、やはり決定的なのは実です。その中身はどうなのか、割ってみました。鬼の内果皮(いわゆる殻)は分厚いだけのシンプルな構造なのに、姫はまるでエンジンのアルミダイキャスト部品のように肉抜きをした複雑な作りでした。

|

« 10月18日(日) ヒメグルミ | トップページ | 10月19日(月) ウオトリギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月18日(日) ヒメグルミ | トップページ | 10月19日(月) ウオトリギ »