« 10月5日(月) フジカンゾウ | トップページ | 10月6日(火) ヤマボウシ »

番外編 : e-Tax、ボロ負けの結果報告

091005zeimusinkokue-Tax(国税電子申告)で送信し、今年は2万円弱を支払うつもりで通知を待ち構えていたのに、税務署からはなんの音沙汰もなしでした。申告から半年も過ぎて、いくらなんでもオカシイと思い、恐る恐る税務署に電話してみました。
やっぱり届いていませんでした。原因は、申告の経過を報告した2月7日の記事に得意げに掲げたe-taxソフト画面でした。なんと前年はこれを使うのが正解だったのに、今年はここから入るのでなく国税庁のHPから入らなくてはならないのでした。
これだけ抜本的な方法論変更をしたわりには、周知がズサンだったんじゃあ?というワタシの怒りは、「来年もいろいろ変わると思います」という担当官のあっけらかんとした答えにヘロヘロと萎えてしまいました。さすが、お国はあなどりがたい存在です。
さて、気を取り直して再挑戦したものの、不動産収入の立て方(複数年の家賃の一括入金)とか、修繕費の減価償却への組み入れ方とか、いやはや、これは税理士という職業が成立するわけだなあ、と感慨にひたるばかりです。しかたないのでPCですべて済ますという横着はスッパリあきらめ、所轄の税務署へ行ってきました。
結局、18・19年分は修正申告、20年分は更正請求をするという作業を担当官と一緒にやりました(というか、ほぼやっていただきました)。所要タイムは2.5時間、プロでもこれだけですから、あっさりPCをあきらめたのは正解でした。
さて、その結果はどうだったのかというと、多少支払うつもりでいた20年分は逆に3万円ほどの還付でした。ところが、これでホクホクと思いきや、18・19年分は延滞金(!)も合わせて約6万円も徴収されてしまいました。うーん、がっくり。
でも、担当官の人はとても親切で、税の仕組みはもとより、e-Taxの操作までいろいろくわしく教えてくれました。ありがとうございました。これで来年はもう一回e-Taxにトライすることができそうです。ガンバルゾ!!

|

« 10月5日(月) フジカンゾウ | トップページ | 10月6日(火) ヤマボウシ »

コメント

お礼を言われるとは・・・さすが師匠!
凡人だと怒っちゃうところを冷静に判断され、少しでも
簡単にしようと担当官と2.5時間も一緒に過ごす・・
いったい師匠の資産はいくらあるんでしょうか。
広大な山林を所有し、広大な敷地に豪邸を建て、研究
三昧・・・これでは、税金も高いのもうなずけます。
さて、私は今年から青色申告しなくてはならないので
すが、どうやってやるのかさっぱり・・・

投稿: zenpeichan | 2009/10/05 19:31

zenpeichanさんへ:
ブフ、からかわないでくださいよォ~。
これが追徴金1千万とか言うんだったらカッコいいんですけどねえ。
延滞金がたった1.300円ですからねえ(汗)。

おや、青色になるんですか?
なにか事業をなさっているんですね。
だいじょうぶ、税務署さんはホントに親切ですから!

投稿: はた衛門 | 2009/10/06 07:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月5日(月) フジカンゾウ | トップページ | 10月6日(火) ヤマボウシ »