« 9月28日(月) シオン | トップページ | 9月30日(水) シモバシラ »

9月29日(火) オオハナワラビ

090929oohanawarabi_b「おや、もうハナワラビが…。『冬の』花蕨というくせに、ずいぶん気の早い奴だ」と心のなかでつぶやきました。こんな暑さの残る季節にこれを見るのはやや不気味ですが、一方でまだ痛んでいない様子を撮れてホクホクでもあります。
その痛んでいない葉をシゲシゲ見ていたら、「おっとぉ」と気がつきました。この葉先の鋭角的な様子は、これはフユノハナワラビではなくオオハナワラビでした。両者は全体の作りや発生時期は似ていても、葉先の形が違うことを前に確認済みです。
090929hikaku_b前回(2008年3月)より少しはわかりやすく、二つの葉を並べてみました。左が今回見つけたオオハナワラビ、右が別の場所で撮ったフユノハナワラビです。
これで両者の違いはマスターですが、さてなぜ尖っていると「オオ」なのかは皆目見当がつきません。全体サイズに大差はないと思うのですが、これを理解するにはまだまだたくさんの観察が必要なようです。

<補注> 葉のサイズが、「フユノ」に比べて「オオ」の方がひとまわり大きいことが、その後だんだんにわかってきました。

2008年のきょうクロサンドラ> 2007年のきょうマイヅルソウ> 2006年のきょうハエドクソウ> 2005年のきょうヒガンバナ> 2004年のきょうハゼラン

|

« 9月28日(月) シオン | トップページ | 9月30日(水) シモバシラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月28日(月) シオン | トップページ | 9月30日(水) シモバシラ »