« 9月24日(木) ミズワラビ | トップページ | 9月26日(土) リンボク »

9月25日(金) ヒオウギ

090925hiougi_bぬばたまのぉ~、と詠い出してスラスラとあとが続けば威張れるのですが、あいにく何も出てきません。ひとり赤面しつつ調べたら、「ぬばたまの黒髪変り白けても痛き恋には逢ふ時ありけり」などというステキなのを見つけました。
その漆黒の「ぬばたま=ヒオウギの実」が莢から顔を出し始めていました。この莢が完全に剥けた姿もいいので、画面にはめ込んでおきました。
葉の凛とした美しさ、花の奥ゆかしい色合いを楽しんだあと、こういう高貴な輝きまで拝見できるとは、まさに「三拍子そろった」という言葉どおりのヒオウギです。

2008年のきょうクサネム> 2007年のきょうオオモクゲンジ> 2006年のきょうハナセンナ> 2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうフウセントウワタ

|

« 9月24日(木) ミズワラビ | トップページ | 9月26日(土) リンボク »

コメント

さやから顔出している漆黒の実の美しさを,堪能された
んですねぇ。うーん、師匠はなかなかの詩人ですよ。
詩人の中でもそう、吟遊詩人というほうがぴったりで
しょうか。そんなイメージがこの頃頭の中をぐるぐる
廻っているんです。

投稿: zenpeichan | 2009/09/25 20:24

zenpeichanさんへ:
とほほ、「ぬばたまの」のあとが出てこない詩人はいませんよぉ。
草木の探求に余念のない「若き(?)ヒマ人」というイメージでお願いしますよ。
でも、ぬばたま、きれいでしょ!
お庭にいかがですか?(笑)

投稿: はた衛門 | 2009/09/26 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月24日(木) ミズワラビ | トップページ | 9月26日(土) リンボク »