« 追加編 : ボントクタデ | トップページ | 9月24日(木) ミズワラビ »

9月23日(水) ヤブマメ

090923yabumame_bきのうのアカネにはつい説教してしまいましたが、同じように周囲に絡みつくこちらは咎める気がしません。その理由を考えてみると、ヤブマメは他人に巻きついても上に昇ろうとするからで、ただただ横へのびるアカネよりは逞しく思えたからのようです。
さて、そんな人生とオーバーラップさせる見方はやめておくと、淡い紫をひと刷毛あてたような蝶型花はなかなかチャーミングです。また、とてもカッチリした作りの三ツ葉(3出複葉)にもたしかな存在感があります。
この三ツ葉、3枚がきちんと紋所のように開いているものもあれば、写真のように1枚が裏返っているものもあります。どうも光線に反応して蒸散量を調整しているみたいなのですが、これはまだ素人の思いつきで、ちゃんとした調査が必要です。

<補注> ヤブマメの葉が光線量に応じてフォーメーション(?)を変えていることを確認できました。光線が強すぎるときは葉の一枚を裏返すことで、受光量≒蒸散量を減殺していると思われます。(2010年10月2日

2008年のきょうアゼナ> 2007年のきょうシナアブラギリ> 2006年のきょうコナギ> 2005年のきょうヤブツルアズキ> 2004年のきょうナナカマド

|

« 追加編 : ボントクタデ | トップページ | 9月24日(木) ミズワラビ »

コメント

植物の生い立ち、生育を人生訓とするところは
さすが師匠です。我が娘にも言ってやってください。
父親の声は平気で無視をするんですから。
師匠の言葉なら耳を傾けることと思いますよ。

投稿: zenpeichan | 2009/09/23 21:01

zenpeichanさん:
ハァ~、いずこも同じですねえ。オヤジの声なんて風鈴よりもかぼそいですもんねえ。
せいぜい、草木に毒づくくらいが関の山でして(とほほ)。

投稿: はた衛門 | 2009/09/24 07:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加編 : ボントクタデ | トップページ | 9月24日(木) ミズワラビ »