« 7月8日(水) ヤブコウジ | トップページ | 7月10日(金) アブラチャン »

7月9日(木) ツルレイシ

090709goya_c熟して爆発した実の種(のまわりの真っ赤なオネバ)が甘くておいしいことは前に書きましたが、肝心の実(偽果)は毒味したことがありませんでした。今回、パクリとやってみました。クイズです。さて黄色い部分はどんな味でしょう?
スカスカの無味でした。たぶん、どんな名人が料理してもダメでしょう。ウ、味見して15分、うっすらと苦みがァ~(涙)。
で、本来食すべき緑の実を左に、切れ込みが深くて味わいのある葉とのび盛りの蔓も入れ、黄色い花には助演の蜂(かな?)も加わり、これでゴーヤのすべてを収録…とはいきませんでした。再びクイズです。ここに1点欠けているものはなに?
写っている花は雄花で、この日は雌花が見当たりませんでした。咲いた雄花がムダに思えましたが、蜂さんがどこか別の雌花に花粉を運んでくれるのでしょう。

<補注> タイトルのツルレイシはゴーヤの植物としての名前です。

2008年のきょうオオハンゲ> 2007年のきょうグリーンローズ> 2006年のきょうカラジューム> 2005年のきょうナンキンハゼ> 2004年のきょうタイサンボク

|

« 7月8日(水) ヤブコウジ | トップページ | 7月10日(金) アブラチャン »

コメント

はた衛門さん、おはようございます。
最近、スダレのかわりにと、
ゴーヤを軒にはわしているお宅をときどき見かけます。
これもエコライフのながれのようですね。

このゴーヤくん、すでにかなり大きいですよね。
わたしが見かけたのは、まだ鉛筆サイズでしたよ。

投稿: ブリ | 2009/07/09 09:00

お久しぶりです、相変わらず好奇心旺盛でお若いことですね?・・・私も見習いたいものです?・・・

投稿: 優雅な人 | 2009/07/09 11:44

ゴーヤは苦手な私ですが、それをガブリとやって
のけるところに師匠の探究者の道があるんですねぇ。
あの苦み、どうしてもだめです。
まてよ、本場で食べてみれば違うかも。
とろろの苦手な息子が沖縄でのゴーヤは美味しいと
いいます?(関係なかった)今度沖縄に行ったら
本場で料理されたゴーヤを食べてみましょう。
あの苦みは果たしてどうなっているのかなぁ・・・。

投稿: zenpeichan | 2009/07/09 17:16

ブリさんへ:
割れた方が、長さ15cmくらいでしたかね。
温暖化のおかげか、関東でもゴーヤがスクスク育つのは
喜ぶべきか、憂うべきか。。。

投稿: はた衛門 | 2009/07/10 06:32

優雅さんへ:
はい、永遠のボクチンでございますよ(笑)。
蒸し暑さがたまらなくなってきましたが、
お変わりありませんね? お元気で。

投稿: はた衛門 | 2009/07/10 06:36

zenpeichanさんへ:
そうなんです。沖縄で飲むと、オリオンビールがとっても
おいしいんです!! あ、話が違いました?

沖縄のご予定がおありですか?
そのときはぜひ、本場ゴーヤチャンプルーのレポートを
お願いいたしま~す。

投稿: はた衛門 | 2009/07/10 06:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月8日(水) ヤブコウジ | トップページ | 7月10日(金) アブラチャン »