« 7月22日(水) イヌヌマトラノオ | トップページ | 7月24日(金) コクサギ »

7月23日(木) エゴノキ

090723egonoki_bふと見上げた木に、見かけたことのない白っぽい花が…。まるで糠喜びのサンプルみたいな早とちりをしたくらい、ずいぶん派手に虫こぶをつけたエゴノキです。
これはエゴノネコアシといって(虫こぶの形が猫足型)、なかには小さなアブラムシがウジャウジャいるはずで、あまり気持ちのいいものではありません。もっとも、虫こぶの先にもう穴があいているので、すでにこれは空き家かもしれません。
写真の左奥の方にはエゴノキ本来の実がパラパラと遠慮がちに見えています。ふつうなら「これでもか!」と鈴なりにつくべき実がこんなに少ないのはやはり虫こぶのせいなのか、これからはこの関係を気にしながらエゴノキを見ることにします。

2008年のきょうクリ> 2007年のきょうミョウガ> 2006年のきょうキヌタソウ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうタブノキ

|

« 7月22日(水) イヌヌマトラノオ | トップページ | 7月24日(金) コクサギ »

コメント

エゴの花?我が家の徒は違うし、今花は咲かないし?
実ならついているけど・・・?
よーく読んだらこれって虫?
「エゴノネコアシ」初めて知りました。
我が家では見たことないってことは、消毒が効いている
ってことでしょうか。それにしてもびっくりする光景で
す。

投稿: zenpeichan | 2009/07/23 16:15

zenpeichanさんへ:
なーるほど、やっぱり消毒が効いていれば
虫こぶはつきませんか。
付近にチヂミザサとかアシボソが生えていることも、
エゴノネコアシアブラムシの産卵には大切なことのようです。

投稿: はた衛門 | 2009/07/24 06:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月22日(水) イヌヌマトラノオ | トップページ | 7月24日(金) コクサギ »