« 7月18日(土) マツカゼソウ | トップページ | 7月20日(月) スジギボウシ »

7月19日(日) メハジキ

090719mehajiki_b男の背丈よりも大きくなる草で、それがまだ腰上ほどで発展途上の姿です。花のついている節の間がこれからグンとのびるはずです。
そののびた節間の茎をとってまぶたの上下にはさんで遊んだのが名前の由来だと言いますが、自分ではそんな経験がないのでピンときません。この草を見て「懐かし~い」という人の分布範囲を調べることができたら面白そうです。

2008年のきょうオオツヅラフジ> 2007年のきょうチゴザサ> 2006年のきょうヤクシマハギ> 2005年のきょうコバギボウシ(斑入り種)> 2004年のきょうヒメヒオウギズイセンとミズヒキ

|

« 7月18日(土) マツカゼソウ | トップページ | 7月20日(月) スジギボウシ »

コメント

私はぜーんぜん知りません。
家内も知らないそうです。
分布調査に役立ててください。

投稿: zenpeichan | 2009/07/19 21:40

はた衛門さん、こんばんは。
家の近くには毎年咲きます。
ほんとですね。発展途上なんですね。
こんなふうに一度咲いてから、間が開いてくるのですか。
知らなかったです。
大きくなってから、お花が咲くものと思っていました。
いつも遅くに思い出して見に行きますので、
もう完成形になっていて、全く気付きませんでした。

投稿: ブリ | 2009/07/19 22:17

zenpeichanさんへ:
ありゃ、「ぜーんぜん」ですかァ、がっくり。
いったい、どの辺でいつごろの遊びだったんでしょうねー?

投稿: はた衛門 | 2009/07/20 06:51

ブリさんへ:
いやあ、ワタシもこの状態は今回はじめて見たんです。
なもんで、この株が異様にチビちゃんだったらどうしよう…などと
やや不安もありまして。
そちらでもこの状態が見つかればありがたいです。

投稿: はた衛門 | 2009/07/20 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月18日(土) マツカゼソウ | トップページ | 7月20日(月) スジギボウシ »