« 7月14日(火) ミヤギノハギ(ナツハギ) | トップページ | 7月16日(木) ヤブマオ »

7月15日(水) イヌビワ

090715inubiwa1_b先月はじめには雌雄が判別できなかったイヌビワが、花(実)がぷっくりし出すものと変化なしのものとに分かれてきました。これだけ膨らんだら雌株で決定でしょう。
090715inubiwa2_bよし、これで雌花(花嚢の中身)が写せる!と思って割ってみたら、もはや花の時期は完全に終わって、なかは真っ黒クロスケでした。
くやしいので試食してみました。まったくのブフブフです。ベーッ、これがイヌと言われるワケでした。おいしい実の雌株もあるそうですが、もう試す気力は失せました。
いや、問題は味よりほかにありまして…。試食後、なんだか上唇と下唇が離れにくいのです。この実の汁、かなりの接着力があります。これをたっぷり囓ってからkissなんぞした日には、もーぉ離れませんよぉ! \(・´_`・。)

<補注> 完熟状態の果嚢(花嚢)は大変においしいものでした。したがって、この記事のものは雌株の果嚢が未熟だったのか、あるいは雄株だったのか、わからなくなりました。(2015年8月27日

2008年のきょうムラサキバレンギク> 2007年のきょうイチジク> 2006年のきょうヒマワリ> 2005年のきょうオオエノコログサ> 2004年のきょうユリ(品種不詳・カノコユリ系)

|

« 7月14日(火) ミヤギノハギ(ナツハギ) | トップページ | 7月16日(木) ヤブマオ »

コメント

外見もそうですが、中もイチジクによく似てますね。
イヌイチジク、と呼びたくなります。

投稿: waiwai | 2009/07/15 21:39

waiwaiさんへ:
うわ、ダメですよ、頭が混乱しちゃう~。
でも、たしかにイチジクですよね~(笑)。

投稿: はた衛門 | 2009/07/16 06:54

こんにちは!はた衛門さん
だって、子供たちはボンドの木って言ってましたもの
アロンアルファーほどの接着力でなくてよかったですねhappy02

投稿: pave | 2009/07/18 10:41

paveさんへ:
へー、「ボンドの木」ですか。汁も白いから、うまいネーミングですね~。
かなりの長時間、唇が不自由でしたよ。
(早く洗えばいいのに、わざと楽しんでいたりして・笑)

投稿: はた衛門 | 2009/07/19 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月14日(火) ミヤギノハギ(ナツハギ) | トップページ | 7月16日(木) ヤブマオ »