« 7月12日(日) ムラサキクンシラン(アガパンサス) | トップページ | 7月14日(火) ミヤギノハギ(ナツハギ) »

7月13日(月) タカトウダイ

090713takatoudai_bトウダイグサの仲間は、その作りがよく似ていて、かなり目立つ風体です。そんな仲間のなかでもひときわ背が高いので、野原でもすぐに見つかります。
ナツトウダイがくるぶしあたり、トウダイグサが膝下あたり、そしてタカトウダイは腰上くらいあります。これだけ高いと、花粉を媒介するのはもっぱら蝶や蜂の役目かと思ったら、蟻がしっかり働いていました(写真左上隅)。
花(※)がキラキラ輝いて見えるのは、粒になって滲み出る蜜のせいです。蟻をどけようと息を吹きかけるのですが、よほどの宝の山らしく、根性でへばりついていました。

<補注> 花の構造については、waiwaiさんが接写でしっかり説明してくれています。

2008年のきょうオタネニンジン> 2007年のきょうセイヨウニンジンボク> 2006年のきょうチドリソウ> 2005年のきょうヘメロカリス> 2004年のきょうヘクソカズラ

|

« 7月12日(日) ムラサキクンシラン(アガパンサス) | トップページ | 7月14日(火) ミヤギノハギ(ナツハギ) »

コメント

はた衛門さん、ご紹介ありがとうございます。
お写真、男ざかりの花のようですね。

投稿: waiwai | 2009/07/14 06:07

waiwaiさんへ:
そうなんです。
継続観察が必要ですね。
気を長~くしなければいけませんね。

投稿: はた衛門 | 2009/07/14 07:00

ええ?
タカトウダイ?
探してみよう。
腰上ですね。

投稿: ryoi | 2009/07/14 08:11

ryoiさんへ:
あらら、タカトウダイくん、ryoiさんのお好みに合ったみたいですね。
うまく見つかりますように!

投稿: はた衛門 | 2009/07/15 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月12日(日) ムラサキクンシラン(アガパンサス) | トップページ | 7月14日(火) ミヤギノハギ(ナツハギ) »