« 6月28日(日) オオバオオヤマレンゲ | トップページ | 6月30日(火) ボリジ »

6月29日(月) イブキトラノオ

090629ibukitoranoo_b写真(拡大可)の中央付近の花に止まった蜂と比べると、イヌタデにしては大きすぎることがわかります。かと言ってオオイヌタデのように花穂が撓(しな)うわけでもなく、さてこれはいったい…。
たしかにこれ、タデ科タデ属なのですが、実物を見た感じはとても豪華で、タデ類を連想する余地はほぼありませんでした。高原の斜面で、腰丈あたりで花穂が風に揺らぐさまは、桃源郷の入り口ではあるまいかと思わせる幸福感でいっぱいでした。

2008年のきょうチガヤ> 2007年のきょうハンネマニア(チューリップポピー、メキシカンチューリップポピー)> 2006年のきょうノカンゾウ> 2005年のきょうボケ> 2004年のきょうボタンクサギ

|

« 6月28日(日) オオバオオヤマレンゲ | トップページ | 6月30日(火) ボリジ »

コメント

花盛りがこれだけ集まると、すごくきれいです。
風にゆれたら、夢心地の風景でしょうね。
はた衛門さん、うらやましいです。
私も写真でなく実際に見てみたい。

>イブキ
これもやっぱり、伊吹山の出身なのでしょうか。

投稿: ちとせ | 2009/06/29 08:21

エノコログサ・・・子犬のしっぽが
たくさん風に揺れているだけでも
ステキなのに、
虎の尾とは、なんと豪快な・・・。
こういう風景は、大らかな気持ちになります。
ありがとうございます。
さぁ、今日もがんばるぞ~!

投稿: minba | 2009/06/29 10:13

ちとせさんへ:
あらためて自分でこの写真を見ると、
うーん、、幸せ感を写し撮るというのはむずかしいもんですねえ。
でも、わかっていただけたのはうれしいです。

地名がついた植物ってわりとあるけど、
案外にいろいろ問題をかかえていることがあって、
単に記号と思っておくのが無難みたいですね。
なにもつかない「イブキ」もあるけど、これはまったく関係ないですね(笑)。

投稿: はた衛門 | 2009/06/30 06:05

minbaさんへ:
エノコロがネコジャラシなら、トラノオはライオンジャラシ?

おおぉ、気合いが入りましたね。
またなんかむずかしいこと、抱え込んだりしてます?(ぶふ)

投稿: はた衛門 | 2009/06/30 06:09

何とも贅沢な眺めですね!
たった1本、やっと見つけて撮ったのとは大違い。(^^;
http://www.nekobiyori.com/hana/050730/images/PICT0109.html

投稿: waiwai | 2009/06/30 07:19

waiwaiさんへ:
ああ、ワタシはとんでもない贅沢な目にあってしまったのですね。
でも、あまりの幸せに花の接写を忘れてしまったので、
waiwaiさんのお写真をシミジミ拝見しました。

投稿: はた衛門 | 2009/07/01 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月28日(日) オオバオオヤマレンゲ | トップページ | 6月30日(火) ボリジ »