« 6月21日(日) コアジサイ | トップページ | 6月23日(火) エーデルワイス »

6月22日(月) シチダンカ

090622sitidanka_bあちこちの庭先で賑やかに咲く「墨田の花火」と間違えそうですが、この実物はなんとも質素で小さく、花は親指の先ほどです。さらに装飾花に囲まれた両性花が、咲く前に黒変して落ちるという不思議な性質も、ほかのアジサイ類との大きな違いです。
写真右上にボケて写っているのが黒くなる前の両性花と開く前の装飾花、そして中央が開いた装飾花と黒く萎縮した両性花の痕跡です。装飾花はこれから青紫に色づくはずですが、山の上だったので少し時期が早すぎました。

さて、このところ知ったかぶりに「種とその下」レベルでその植物の名をどう表記するか考えてきましたが、早くもつまずきました。このシチダンカ、例の論法でいけばヤマアジサイ(Hydrangea serrata)の品種(f. prolifera)となるのですが、七段花は七段花であって、これをヤマアジサイとする方が無理無体というものです。
というわけで、窮屈だった自主ルールとは笑ってサヨナラして、素人は素人らしく、自分が呼びたいように呼んでいくことにします。

2008年のきょうメグスリノキ> 2007年のきょうキキョウソウ> 2006年のきょうゴウダソウ> 2005年のきょうスカシユリ> 2004年のきょうヤマモモ

|

« 6月21日(日) コアジサイ | トップページ | 6月23日(火) エーデルワイス »

コメント

はた衛門さん、おはようございます。
このお花、ヤマアジサイの装飾花のほうを豪華にした感じですよね。
形も大きさも面影はあるようにおもいますが・・
ヤマアジサイにはいろんな品種があるみたいですね。
(ネットでですが)七段花もそのなかの貴重な一品種として載っていましたよ。
シーボルトが世界に紹介したとか・・由緒正しきお花なんですね。
お山でみかけるヤマアジサイは、
とても素朴なお花で、わたくしのお気に入りのひとつです。

投稿: ブリ | 2009/06/22 07:53

ブリさんへ:
うん、一応は八重(あれ、七段だから七重?)なんですよね。
自分が見た株が小さかったのか、ヤマアジサイよりも
いっそう控えめな感じがしましたよ。

投稿: はた衛門 | 2009/06/22 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月21日(日) コアジサイ | トップページ | 6月23日(火) エーデルワイス »