« 番外編 : この色合いはなに? | トップページ | 6月16日(火) バイカウツギ »

6月15日(月) ヤマブキショウマ

090615yamabukisyouma_mb名前のとおり、葉は山吹に似ているけれど、トリアシショウマのそれにも似ていて(というか、どちらも2回3出複葉)、見分けは困難です。
さて、ではどうするかと言うと、雄シベが20本あるのが山吹升麻で、鳥足は10本だそうで、要は雄花の派手さが頼りのよう(ほかに雌シベの数も違う)です。
090615yamabukisyouma_fbところが、この山吹升麻はやや派手さが不足の株もあります。山吹と鳥足が混在しているのかと焦りましたが、そうではなくてこちらは雌株かもしれません。
…と情けない解説になってしまうのは、山吹升麻が雌雄異株であることは帰宅後の調べでわかったからです。今回の写真ではどうにも情報不足なことは明らかなので、夏にこの株がうまく結実したらおなぐさみです。

2008年のきょうベニバナイチヤクソウ> 2007年のきょうムラサキウマゴヤシ> 2006年のきょうハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)> 2005年のきょうシャクヤク> 2004年のきょうハキダメギク

|

« 番外編 : この色合いはなに? | トップページ | 6月16日(火) バイカウツギ »

コメント

ショウマもいろいろな種類があり、また、雄株の花や雌株の花があるなど、奥が深いですね。
アスチルベあるいは泡盛升麻とも呼ばれているピンク花の園芸品種を園芸店で見たことがありますが、この山吹升麻は自生でしょうか。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/06/15 07:03

ぴょんぴょんさんへ:
おはようございます。お早いんですね。
うーん、かなり管理された場所なので、自生とは言い切れない感じです。
まだ観察不足すぎるので、もう少し追跡してみます。

投稿: はた衛門 | 2009/06/15 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : この色合いはなに? | トップページ | 6月16日(火) バイカウツギ »