« 5月10日(日) チャイブ(セイヨウアサツキ) | トップページ | 番外編 : 人(?)命救助か、営業妨害か »

5月11日(月) ネコノメソウ

090511nekonomesou1地中の水が滲み出して小さな流れになっていて、まるで夏のような陽射しも木立に遮られ、野歩きのひと休みには絶好の場所でした。しかし、腰を下ろそうにもこういううれしい草がビッシリでは休憩はしばしお預けです。
猫の目に見えるという実が開いて、なかの種がハッキリ見えました。木立から落ちた雨粒がここに命中すると、この種が飛び散る仕掛けです。
カラスノエンドウのように種を自分ではじき飛ばすセッカチ型もあれば、一方ではここまで運命をあなた任せにしたノンビリ型もあるのが自然の面白さです。
090511nekonomesou2こちらはまだ結実していない一群です。

2008年のきょうクマガイソウ> 2007年のきょうナニワイバラ> 2006年のきょうセリバヒエンソウ> 2005年のきょうポポー> 2004年のきょうスイカズラ

|

« 5月10日(日) チャイブ(セイヨウアサツキ) | トップページ | 番外編 : 人(?)命救助か、営業妨害か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月10日(日) チャイブ(セイヨウアサツキ) | トップページ | 番外編 : 人(?)命救助か、営業妨害か »