« 4月28日(火) ヒョウタンボク(キンギンボク) | トップページ | 4月30日(木) イヌスギナ »

4月29日(水) マムシグサ

090429mamusi_b真っ赤な実をつけた秋の姿ばかり先行していたマムシグサが、ようやく晴れ姿で登場です。名前のいわれである茎や、見分けのポイントとなる葉の形は、一昨年秋の写真で明らかなので、今回は仏炎苞のツヤに迫ってみました。
こうして見ると、ウラシマソウのようなギャグ路線ではなし、ムサシアブミのような迫力路線でもなし、ミミガタテンナンショウのようなダンボ路線でもなく、じつに楚々として控えめな姿です…というのはあくまで比較級の問題で、大人の手ほどのこういう花がニョロニョロしているのは、やっぱり不気味かつユーモラスな眺めではあります。

2008年のきょうエンレイソウ> 2007年のきょうサルトリイバラ(サンキライ)> 2006年のきょうムサシアブミ> 2005年のきょうモチツツジ> 2004年のきょうシダレザクラ

|

« 4月28日(火) ヒョウタンボク(キンギンボク) | トップページ | 4月30日(木) イヌスギナ »

コメント

我が家のユキモチソウはどうやら昇天してしまったようです。芽がでてきませんからきっとそうだと思います。
放って置くのですから当然かも知れませんが残念です。
そういえば今朝の散歩で「ミニマムシグサ」(勝手に名付けました)のような草が咲いていました。明日も歩きに行きますから写真に撮ってきますね。なんて言う名前なんでしょうか。また教えて下さい。

投稿: zenpeichan | 2009/04/29 21:06

zenpeichanさんへ:
あらまー、ご冥福をお祈りしますぅ。陽当たり良すぎましたか。
ああいう渋いものまでお好きとは、お見それいたしました、へへぇー!

ん、カラスビシャクが跋扈しているところがおありなんでしょうか。
うらやましいです~。

あ、ハランの花は見つかりましたか?

投稿: はた衛門 | 2009/04/30 05:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月28日(火) ヒョウタンボク(キンギンボク) | トップページ | 4月30日(木) イヌスギナ »