« 4月22日(水) ゲッケイジュ | トップページ | 4月24日(金) ゴマギ »

4月23日(木) ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)

090423hitotubatago_b10年以上も前に初めてこの木を見たときは、たしかに「ナンジャモンジャ?」と思わないでもありませんでした。この繊細な花びらが木全体を真っ白に覆っているさまを見て、昔の人がつぶやいたというひょうきんな別名に、かなりうなずけたものです。
しかし、まだ珍しかったこの木も、最近は見かけやすくなりました。名古屋では街路樹にされていて、排気ガスまみれの白い花はかなり哀れな様相でした。
国内に自生地がいくつかあって、海べりのそれを船から見ると白い崖のようだと言います。そこではこの木を「海照らし」と呼ぶのだそうで、いささか誇大表現とは思えるものの、なかなかにソソッてくれる名前です。さていつの日かそんな夢の光景に会えることを願いつつ、当分は街なかで「ナンジャモンジャ?」とつぶやいていることにします。

<補注1> 5年後、これぞ「海照らし」という絶句ものの開花状態を撮ることができました。(2013年4月29日)
<補注2> 実(まだ青い)をつけた様子はこちら、冬芽と葉痕の写真はこちらです。(2016年3月2日)

2008年のきょうコモンセージ> 2007年のきょうウラシマソウ> 2006年のきょうヒメコウゾ(雌花)> 2005年のきょうライラック> 2004年のきょうムラサキツユクサ

|

« 4月22日(水) ゲッケイジュ | トップページ | 4月24日(金) ゴマギ »

コメント

ほんと面白い樹ですよね。
遠くから見ると雪をかぶったようにも見えます。
隣の市の公園にこれがいっぱい植えられていて、
5年ぐらい前に朝早く見に行ったことがあります。

投稿: zenpeichan | 2009/04/23 13:21

zenpeichanさんへ:
すみませーん、お返事遅れてしまいました。

あれま、ナンジャモンジャ、ご存じでしたか。
「いっぱい」というのはうらやましいですね。

投稿: はた衛門 | 2009/04/25 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月22日(水) ゲッケイジュ | トップページ | 4月24日(金) ゴマギ »