« 3月26日(木) フッキソウ | トップページ | 3月28日(土) オランダカイウ(カラー) »

3月27日(金) ヤブサンザシ

090327yabusanzasi_bきのうの富貴草で、「雌雄異花や雌雄異株という仕組みの違いはどうしてできたのでしょう」というコメントをいただいてしまいました。その答えは、造物主にインタビューできるときを待つとして、きょうのヤブサンザシも雌雄異株とされている木です。
葉や花の感じは、ユキノシタ科スグリ属の仲間であるフサスグリを思い出させます。名前を借りたサンザシはバラ科なので話が紛らわしくなりますが、サンザシの実がおいしいのに比べ、ヤブサンザシのそれは見かけも味もプアーです。
さて、きょうの問題は、雌雄異株とされるこの花に雌シベ・雄シベ両方が見えていることです。先年、実をつけたところを撮った木と今回の木はまるで別物(別場所)なので、雌株につく花がどんな様子なのか、今回の木には実がなるかならないか、今のところ?だらけです。ブログの名前をハテナ365日と改めようと思うきょうこのごろです。

<補注> 雌株の花の様子はすぐに確認できました。(2009年3月31日)

2008年のきょうキブシ> 2007年のきょうミツマタ> 2006年のきょうザゼンソウ> 2005年のきょうヒュウガミズキ

|

« 3月26日(木) フッキソウ | トップページ | 3月28日(土) オランダカイウ(カラー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月26日(木) フッキソウ | トップページ | 3月28日(土) オランダカイウ(カラー) »