« 3月14日(土) オオイヌノフグリ | トップページ | 3月16日(月) ヒュウガミズキ »

3月15日(日) トサミズキ

090315tosamizuki_bミズキを名乗ってはいても、花が真っ白な本来の水木とはまるで違います。木の姿もあまり似ているとは思えないし、いったいどうして水木なのでしょう。
今までは、黄色い花が似ているヒュウガミズキとの違いに気を取られたり、土佐と日向の地名にこだわったりばかりで、どうしてミズキなのに花が白くないの?という大事なことがわかっていませんでした。トサミズキの赤いシベが、「今ごろ気づいたの?」と笑っているみたいです。

<補注> ミズキという名の由来は、春に枝を切るとミズキのように樹液がしたたることから来ているものの、本来のミズキ類(ミズキ、クマノミズキ)とはまるで縁のないことがわかりました。(2014年12月3日)

2008年のきょうクサノオウ> 2007年のきょうモミジイチゴ> 2006年のきょうカタクリ> 2005年のきょうヒイラギナンテン

|

« 3月14日(土) オオイヌノフグリ | トップページ | 3月16日(月) ヒュウガミズキ »

コメント

こちらがトサミズキ。我が家にあるのがヒュウガミズキですよね。ロウバイとの違いなんとなく分かってきました。これも師匠のお陰です。我が家には赤いシベがないのではっきり分かりました。うん、少しお利口になってきたみたい・・・。

投稿: | 2009/03/16 06:36

zenpeichanさんへ:
はは、お役に立てましたか。
悲しいかな、ワタシの方はおつむのなかに?マークが
増えるばかりで困ります。
今、たぶんzenpeichanさんのお庭のものと同じと思う
ヒュウガミズキを上げておきました。

投稿: はた衛門 | 2009/03/16 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月14日(土) オオイヌノフグリ | トップページ | 3月16日(月) ヒュウガミズキ »