« 3月9日(月) モミジイチゴ | トップページ | 番外編 : あぶなくマジに漬け物石でした »

3月10日(火) サクラ(啓翁桜)

090310keiouzakura_bお正月飾りとして最近人気の啓翁桜を今ごろ見かけました。早咲きの手だてを施さなければ、母種の一つであるヒガンザクラに近い開花時期なのかもしれません。本来の開花を2カ月以上も早めるのだから、生産農家の苦労がしのばれます。
これを作出した啓太郎お爺さん(啓翁)は福岡県久留米市のお方なのに、今やこの桜の生産地として有名なのは山形県です。県内全域で作られているようですが、一度、東根市で大きな畑を見たことがあります。
主幹のない箒状の株(生産のためではなく、そういう性格らしい)が畑に並んでいる姿は、あたかも屋根のない工場のようで、桜らしい風情は微塵もありませんでした。もっとも、華やかな舞台の裏というのは、どんな分野でもそうしたものなのでしょう。

2008年のきょうユリノキ> 2007年のきょうウズラバタンポポ> 2006年のきょうフッキソウ> 2005年のきょうハナニラ

|

« 3月9日(月) モミジイチゴ | トップページ | 番外編 : あぶなくマジに漬け物石でした »

コメント

山形がもらっちゃったわけでしょうか?
お正月からずっと、あちこちに飾られてます。
細い枝にいっぱい花がつくので、大きな花瓶や壺にどさっと入れると華やかで、大好きです。

そういえば、根っこのついている姿を見たことありません。
宝塚の舞台は見たことあっても、練習風景は知らないのと似たようなものでしょうか。

投稿: ちとせ | 2009/03/10 10:51

ちとせさんへ:
どういう経緯で山形が一大産地になったのかはわからないのですが、
早咲きをさせるための寒気に恵まれているのは大きな理由でしょうね。
株立ちでぼんぼん枝が出るので、まさに切り花向けなんですね。
この姿を知らなかったときは、「桜切るバカ」という言い伝えが頭の中を
駆け巡っていましたが、いくら切っても平気な桜があることを知って
とても安心したものでした。

投稿: はた衛門 | 2009/03/10 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月9日(月) モミジイチゴ | トップページ | 番外編 : あぶなくマジに漬け物石でした »